MOMOの台所 ~ドイツの食生活だより~

MOMOの台所では、ワイン片手にお料理が作られます。
どんなお料理&ワインか、ちょっと覗いてみてください。

MOMOのお帰り日本酒パーティ @ MOMO宅

2016-10-20 | パーテイ料理
ドイツのお家だってそう悪くない!

だって,酒豪の女友達がMOMOの帰りを待っていてくれた。
しかもロシアでは飲んでいない日本酒をたっくさん用意して。

さっそく、お帰りパーティの開催となりました。
集まったのは酒豪女子4名+MOMO



日本酒の前に珍しいスイスの白ワイン、シャスレまたはグートエーデルと呼ばれるブドウのワインをアペリティフでいただき、
その後、皆が持ってきてくれた日本酒をMOMOのお料理とともに。

日本酒となると、お料理もそれなりに和ものを用意したい。
でも、MOMO宅にはそろそろ和食材が切れ始めていた。
イカの塩辛持ってる人いる?と聞いてみたら、一人が、瓶詰めのものがあります。というので、持ってきてもらいました。後は出来るだけドイツで入手可能な品物でお料理です。


お酒を飲みながらつまめるものを数品。

粉ふきいものイカの塩辛のせ

梅干しトマトのすり流し(湯むきしたトマトを切って梅干しとともにミキサーにかけて、仕上げにゴマ油を数滴垂らしたもの)

オイルサーディンのパンチフォロン風味、たっぷりさらし玉ねぎ添え
缶詰のオイルサーディンをインドの香りのするミックススパイス、パンチフォロンとともにオーブンで温めて玉ねぎとともに。赤パプリカも加えました。

ギャロウエイ牛の生ハム
たまたま行った市場で売っていたので、高かったけれど、ちょっと奮発して買ってみました。


以上のお料理は前持って用意しておけるので、MOMOも席に着きながらお酒とお料理をたのしみ、その間、温かいお料理を火にかけておきました。

豚肉と油揚げとキムチのタジン鍋焼き
キムチの缶詰をアジアショップで買って作りました。
こういうお料理は放ったらかしで大丈夫。そして、酒飲み女子ウケするお料理!と思ったMOMOです。
大正解!タジン鍋の可愛らしさも手伝って、ド~ンとテーブルの真ん中に置いたとたん、皆の視線が集まり、
そして、タジンの蓋をあけて、キムチ鍋焼きですよ〜と言った途端、大歓声!

ひじきとすだちのさっぱりミニおにぎり
すだちもお土産に持ってきてもらいました。お鍋に欠かせないすだちですが、こうやって、おにぎりに加えてもさっぱりと美味しい。熱いご飯に混ぜると香りがとんでしまうので、少し冷めたころに加えておにぎりにするといいですよ。



皆でたくさん飲み、たくさん食べ、たくさんおしゃべりをいたしました。
これはペテルブルクでは味わえない楽しみですね。
だって、長い間、ドイツに住んで、交友を深めたお友達とのお食事会ですから。

そして、どんなお酒をどれだけ飲んだかと言うと…



5人でワイン一本、日本酒4本空きました。






     


『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの投稿記事・さよう... | トップ | 具だくさんの赤い赤いロシア... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (akn)
2016-10-20 22:16:13
まるで日本ですね(笑)
それにしても獺祭、スパークリングまで出したんですね~。
ここの酒粕でつくる粕汁は絶品ですよ!
お返事 (MOMO)
2016-10-22 02:43:14
aknさんへ
最近、ワインでなく日本酒持参のお友達が多いので、和食です。
獺祭、スパークリングはもとより、吉田蔵も映画になったとかなんとかという話題性のあるお酒だそう。
獺祭の酒粕?入手できるかな・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。