あほぼん わかばちゃん日記

Run run fast as you can! you can`t catch me!

キハ181 車内

2017-04-18 | 鉄道旅行

姫路に到着した「はまかぜ」。ここでこれまでの東海道・山陽本線とは進行方向を逆にして播但線に入っていく。

車内では乗客同士が何となく気まずくか淡々としてかシートを進行方向に向けてガチャガチャと転換させる光景が繰り広げられる。

 

 

KATOの181系の連結器周りは、気動車らしからぬ、あっさりとした形だった。実機でもあっさりしていた…

 

 

チョロンと1本下がった電連…

 

 

車内の様子を…

 

 

3枚の貫通渡りステップ板にアコーディオン式機構の支え棒…

 

 

車内を見通せる仕切りドアはオリジナルのスタイルではない…

 

 

普通車車内…

 

 

1号車乗務員室への仕切り扉…

 

 

 

 

乗務員室までの長大な機械室グリルにはいったい何が入っているのか…?

 

 

グリーン車車内…国鉄伝統のワインレッドのカーペットが通路に敷かれている。

 

 

グリーン車出入り口…壁の換気扇がカラカラ…と古めかしい音を立てていた。

 

 

裏表で靴を脱ぐ仕様になるフットレストに、白布を巻かれたアームレスト脇から引き出す小さな側面テーブル、そして背もたれには白カバー、大きくグイーンと傾くリクライニングシート。これぞ国鉄正調のグリーン席…

国鉄仕様のグリーン座席が最期まで残っていたのは急行「はまなす」だったか…?それも今はもういない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はまかぜ」乗り継ぎ | トップ | 「はまかぜ」 終着浜坂 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む