もみの木ブログ!!(略して「もみブロ」)

日常の何気ない出来事をただひたすら書いて行きたいと思います。

熱中症のお話

2013年07月22日 15時45分33秒 |  

こんにちは蒔田です

梅雨も明けて、すっかり夏らしい日になりましたね

我々もみの木治療院も、この夏をさわやかに過ごすため、ユニホームを新調致しました

 

さて、今月もやって参りました

講演会

 

今回も、小泉先生と蒔田の2人でやらせていただきました

テーマは「熱中症対策」

この時期最も警戒すべきと言っても過言ではないですよね

実は熱中症は4つの種類に分けられます。

 

 

熱失神:急な血管の拡張により血圧が低下し、めまいを起こす

 

 

熱疲労:多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、脱水症状になることが原因で様々な症状を起こす

 

 

熱痙攣:大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合に筋肉が痙攣を起こす

 

 

熱射病:体温調節機能が失われることにより、体温が上昇し意識障害を起こす

 

どれも怖いものばかりです

では普段どのようにしてたらよいでしょうか

 

 

当たり前のことですが、こまめに水分補給し、温度の高いところは避ける。

また、身体が疲れていては、熱中症にかかりやすくなるので、きちんと食事をすることが大切です

 

熱中症予防にはマグネシウム、カリウムと呼ばれる栄養素が重要です。

俗にミネラルと総称して呼ばれ、汗をかくと失われます

そんな栄養素を多く含むのが、ひじき、大豆、煮干し、ゴマなどです。

 

また、身体に疲れを残さないためにはビタミンB1が必要です。

ビタミンB1には体内の疲労物質を代謝してくれる働きがあり、ビタミンB1が不足すると、疲れがたまりやすい身体になってしまいます

ビタミンB1は主に豚肉、うなぎに多く含みます

 

 

皆さんもこの夏猛暑と言われてますが、暑さに負けないよう気をつけてお過ごしください

それではまた次回をお楽しみに


この記事をはてなブックマークに追加

もみの木治療院

静岡市訪問鍼灸マッサージ もみの木治療院