銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

平成二十八年九月場所・七日目

2016-09-18 02:31:06 | 大相撲観測日誌
 平成二十八年九月(秋)場所(於・國技館)は七日目。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・幕下
 碧の正(54)を破り、南海力(45)勝ち越し。
 髙立(45)を引き落とし、玉木(41)勝ち越し。
 野上(37)を突き落とし、勝誠(29)勝ち越し。
 諫誠(23)を下し、双大竜(31)勝ち越し。
 鳰の湖(18)を押し出し、貴源治(20)勝ち越し。
 岩﨑(7)を寄り切り、芝(11)勝ち越し。
 竜電(2)を寄り切り、山口(2)勝ち越し。
 明瀬山(6)を押し出し、小柳(筆頭)初日。

☆4勝
 山口(東2)・芝(東11)・貴源治(東20)・勝誠(西29)・双大竜(西31)・玉木(東41)・南海力(西45)


・十枚目(十両)
 北太樹(14)3勝目、大翔鵬(下筆頭)五分。
 旭日松を押し出し、安美錦白星先行。
 剣翔を寄り切り、阿武咲7連勝。
 阿夢露を押し出し、石浦6勝目。
 東龍3勝目、千代大龍に土。


・幕内(まくのうち)
 旭秀鵬を一気に押し出し、遠藤6勝目。
 天風を押し出し、琴勇輝連敗を止める5勝目。
 豊響を押し出し、大翔丸2勝目は二重丸。
 荒鷲を寄り切り、御嶽海5勝目。
 魁聖を寄り切り、栃煌山2勝目。

 健闘の貴ノ岩、最後は投げで照ノ富士を追い出して大関戦初勝利。貴ノ岩3周夫目、照ノ富士4勝3敗。
 宝富士を寄り切り、稀勢の里危なげなく5勝目。
 嘉風を寄り切り、琴奨菊も5勝目。
 全勝同士は隠岐の海を下し、豪栄道が大関最後の砦を守って7連勝。これで10勝は確保か。隠岐の海ついに土。

 出る鶴竜に髙安逆に寄り倒して5勝目。鶴竜7日目で3敗。
 妙義龍出るが日馬富士俵を上手く使って上手投げ6勝目。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月16日(金)のつぶやき | トップ | 9月17日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。