銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

直方に聳える我等が浅香山

2011-07-20 21:16:31 | 大相撲観測日誌
 平成二十三年七月(名古屋)場所(於・名古屋市中区二の丸 愛知県体育館)は十一日目、未見。

  ツイッター(@momijibasi)はじめました

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・幕下
 翔傑(東48)は三段目全勝の阿夢露(西三3)に敗れて土。
 5連勝2人の直接対決、直江(西5)が若乃島(西19)を引き落とし、6連勝と関取はもう間違いない。
 真鵬(東8)五分、鳥羽の山(東4)残念負け越し。
 武誠山(東7)を寄り切り、千代桜(西2)勝ち越して関取昇進か?
 勝誠(西24)を叩き込み、鬼嵐(西筆頭)がやっと初日。

☆6勝
 直江(西5)


・十枚目(十両)
 荒鷲(西13)を押し出し、旭秀鵬(東下2)勝ち越して関取は? 3勝4敗で昇進した荒鷲は7敗目。
 新十枚目同士、飛天龍を寄り倒して天鎧鵬勝ち越し。
 錦4勝目、上林(西8)二ケタ10敗目。
 明瀬山が初日以来の白星、垣添(西11)10敗で再び幕下へ。
 新十枚目同士、華王錦が4勝目で残った。千代の国は4敗目。
 妙義龍9勝目、碧山は黒星が先行。
 黒海が剣武を下して白星先行。剣武は3敗目。
 舛ノ山勝ち越して新入幕決定。隆の山は4敗目。

☆2敗
 妙義龍(西12)
☆3敗
 舛ノ山(東筆頭)・剣武(東10)・天鎧鵬(西10)


・幕内
 先場所は幕下だった松谷、今日は中入り後に登場。木村山に敗れて7敗、木村山は幕内の貫禄(?)勝ち。
 翔天狼を寄り切り、高見盛は負け越してから2連勝。
 豊響7勝目、富士東3敗。
 新入幕同士、大道が宝富士を下して4勝目。宝富士は負け越した。
 栃乃洋5勝目、臥牙丸負け越し。
 時天空が白星先行、巧さに敗れた安勝ち越しお預け。
 玉鷲負け越し、豊真将9勝。

 豪風白星先行、栃煌山負け越し。
 豪栄道を叩き込んで鶴竜7勝。
 豊ノ島を寄り切って稀勢の里白星先行。この人は大関として土俵に上がることはないだろう。

 大関同士。琴欧洲を押し出し、日馬富士11勝。

 幕内・通算の最多白星の記録を残して魁皇は引退した。青葉山の浅香山親方が亡くなって以降、大若松・智ノ花・琴錦・闘牙・起利錦と受け継がれた名跡が、今定着するときが来た。

 現役評議員がいなくなった相撲協会。次の評議員を狙うべく登場したのが琴奨菊。白鵬を前に攻めて寄り切り、大関を近づける9勝目。土俵王今日は完敗でまさかの土。

☆全勝
 日馬富士(大関)
☆1敗
 白鵬(横綱)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月19日(火)のつぶやきなど | トップ | 名古屋に使者を呼び込もう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。