銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

日馬がさした

2010-01-21 19:42:05 | 大相撲観測日誌
 平成二十二年一月(初)場所(於・國技館)は十二日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会


 13日目は各段優勝決定日なので、三段目以下も上位者を書いておく。

・序ノ口
☆6勝
 誇山(東20)
☆5勝1敗
 五十嵐(東4)・雷山(西8)・赤峰(西21)・大波(東25)


・序二段
☆6勝
 寺下(西20)・唐津海(西64)・藤の花(東81)


・三段目
 喜ノ国(東92)を叩き込み、もと十枚目の超ヴェテラン栃天晃が6連勝。
☆6勝
 常陸號(東18)・佐田錦(西45)・栃天晃(西76)


・幕下
 持丸(東12)に敗れ、北桜(東16)は1勝5敗。家庭を持つ身には厳しい…。
 栃乃若(西11)は貴ノ岩を破って勝ち越し。貴ノ岩は親方を男にするべく勝ち越しを!
 竜電(西9)は隆の山(西6)に敗れて負け越し。隆の山は五分に戻して、さて?
☆6勝
 佐田の海(東29)・深尾(西35)


・十枚目(十両)
 白乃波に敗れ、星風(東11)負け越し。
 豊桜を寄り切って、新十枚目蒼国来勝ち越し。
 安壮富士が寄り切って五分、十文字(西14)も五分に後退。
 土佐ノ海を首投げに討ち取って、境澤9勝目。
 単独首位の臥牙丸は若荒雄に敗れて3敗目。
 春日王に敗れ、旭南海4敗。
 普天王が4勝目、玉飛鳥は負け越して幕内はだいぶ遠い。
 山本山が木村山を突き出し、いつの間にか五分。
 清瀬海を寄り切り、隠岐の海勝ち越し。幕内に王手?
 琴春日に敗れ、霧の若(西8)負け越し。
 瀬川を寄り倒し、将司勝ち越し。瀬川はまだ勝ち越せない。
☆2敗
 なし
☆3敗
 境澤(西12)・臥牙丸(東13)
☆4敗
 隠岐の海(東2)・将司(西6)・旭南海(東12)・蒼国来(西13)


・幕内
 霜鳳は磋牙司を送り倒して五分。磋牙司(西十筆頭)も五分、なかなか幕内は遠いようで…。
 猛虎浪を押し出し、豊真将五分。もっと上位にいなきゃ!
 阿覧を寄り切り、豊響9勝目。
 玉乃島が五分、黒海負け越し。
 朝赤龍を寄り倒し、岩木山勝ち越し。
 土佐豊を下し、若の里勝ち越し。
 栃煌山7勝目、武州山は1勝止まりで幕内の座が危なくなって来た。
 安美錦9勝目、北太樹はまたもや勝ち越しお預け。

 玉鷲の勢いに押されるが、稀勢の里盛り返して突き出し、7勝目。
 嘉風を小手投げで破り、琴奨菊7敗で踏み止まる。
 豪栄道を寄り切って、把瑠都9勝目。今はとにかく白星を挙げること?

 豪風にあっさり押し出され、琴欧洲4敗。
 普通に出る白鵬を日馬富士がかわすと、そのまま送り出して白鵬あっけなく2敗。日馬富士は大関だから横綱に勝っても不思議ではないが、白鵬の簡単な負けっぷりが目立つ。
 それを見ていた朝青龍、魁皇を問題なく寄り切って1敗を守る。
☆1敗
 朝青龍(横綱)
☆2敗
 白鵬(横綱)

 明日にも優勝が決まるが、決定戦で朝青龍と見たがさて?

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本場所はともかく | トップ | 賜盃にその名を彫る準備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
平成22年大相撲初場所12日目、白鵬キラーは健在 (てるKUNのよもやまBLOG)
 白鵬はまだ自力優勝の可能性(決定戦)が残っているだけに、どう立ち直るか。把瑠都
初場所十二日目 1敗は一人に! (日々感動!)
幕下 隆の山○ 下手投げ 3勝3敗 十両 蒼国来○ 勝ち越しましたね これで場所後、久し振りに故郷へ帰れるね 隠岐の海○{/v/}清瀬海● 寄り切り 勝ち越し! 幕内 光龍○{/v/}高見盛● 突き落とし せめぎ合い いい相撲だった 若の里○{/v/}土佐豊● 掬い投げ...
10年1月場所12日目 ●白鵬、日馬富士にあっさりいなされ「送り出し」喫す (バカピカ野球軍と配所の月)
録画の頭は国会中継orz やっちまっただよ・・・昨日までNHK総合で中継なかった