銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

平成二十九年名古屋場所希望番附

2017-06-18 19:52:03 | 大相撲観測日誌
 平成二十九年七月(名古屋)場所の“希望番附”を編成した。都合により幕内のみとする。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 毎度おなじみ、○は「新昇進」・△は「再昇進」・×は「上位からの陥落」・を示す。

・横綱1 =白鵬 / 日馬富士
・横綱2 =稀勢の里 / 鶴竜
・大関1 =照ノ富士 / 豪栄道
・大関2 =○髙安 / -----
・関脇 =玉鷲 /○御嶽海
・小結  =嘉風 /×琴奨菊
・前頭1 =正代 / 貴景勝
・前頭2 =栃ノ心 / 北勝富士
・前頭3 =宇良 / 勢
・前頭4 =遠藤 / 輝
・前頭5 =千代翔馬 / 栃煌山
・前頭6 =逸ノ城 / 大栄翔
・前頭7 =阿武咲 / 貴ノ岩
・前頭8 =碧山 / 石浦
・前頭9 =隠岐の海 / 千代大龍
・前頭10=德勝龍 / 千代の国
・前頭11=松鳳山 / 大翔丸
・前頭12=荒鷲 / 豪風
・前頭13=宝富士 / 蒼国来
・前頭14=△佐田の海 /△千代丸
・前頭15=琴勇輝 /△錦木
・前頭16=△臥牙丸 / -----


 大関は東西変わらず、新大関は慣例に従い最下位とした。

 関脇は髙安が抜けた後を東小結で8勝の御嶽海が順当に新昇進か。小結は関脇で7勝の琴奨菊が残留か。

 幕内から十枚目に落ちそうな力士は4名。上がりそうな力士も4名ですんなり入れ替わりそう。


 番附発表は6月26日。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

人気blogランキングへ
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空前絶後の領域外・前 | トップ | 6月18日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。