銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

平成二十九年秋場所番附

2017-08-28 23:18:36 | 大相撲観測日誌
 平成二十九年九月(秋)場所の番付が発表された。例によって“希望番附”との対比である。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 毎度おなじみ、○は「新昇進」・△は「再昇進」・×は「上位からの陥落」、( )外れを示す。参考までに十枚目・幕下も記載した。

・横綱1 =白鵬 / 日馬富士
・横綱2 =稀勢の里 / 鶴竜
・大関1 =髙安 / 豪栄道
・大関2 =照ノ富士 / -----
・関脇  =御嶽海 /△嘉風
・小結  =×玉鷲 /△栃煌山(△栃ノ心)
・前頭1 =栃ノ心(栃煌山) /×琴奨菊(北勝富士)
・前頭2 =北勝富士(碧山) / 碧山(×琴奨菊)
・前頭3 =阿武咲 / 千代大龍(正代)
・前頭4 =松鳳山(宇良) / 宇良(千代大龍)
・前頭5 =正代(松鳳山) / 貴景勝
・前頭6 =逸ノ城 / 輝
・前頭7 =千代の国(勢) / 勢(貴ノ岩)
・前頭8 =千代翔馬 / 宝富士(石浦)
・前頭9 =貴ノ岩(千代の国) / 荒鷲(宝富士)
・前頭10=石浦(荒鷲) / 豪風(大栄翔)
・前頭11=大栄翔(豪風) / 千代丸(大翔丸)
・前頭12=大翔丸(千代丸) / 佐田の海(△魁聖)
・前頭13=錦木(佐田の海) /△魁聖(錦木)
・前頭14=遠藤(隠岐の海) / 隠岐の海(遠藤)
・前頭15=德勝龍(△豊山) /△豊山(○朝乃山)
・前頭16=○朝乃山(德勝龍) / -----
―――――――――――――――――――――――――――――
・十両1 =×蒼国来 / 妙義龍
・十両2 =安美錦 / 東龍
・十両3 =大奄美 /×琴勇輝
・十両4 =旭大星 / 豊響
・十両5 =竜電 / 山口
・十両6 =旭秀鵬 / 誉富士
・十両7 =英乃海 /×臥牙丸
・十両8 =剣翔 / 明生
・十両9 =天風 / 琴恵光
・十両10=大砂嵐 / 千代鳳
・十両11=千代皇改メ千代ノ皇 / 阿炎
・十両12=△北磻磨 / 青狼
・十両13=照強 /○矢後
・十両14=○大成道 /△希善龍
―――――――――――――――――――――――――――――
・幕下1 =貴源治 /×北太樹
・幕下2 =×翔猿 / 栃飛龍
・幕下3 =舛の勝 / 木﨑
・幕下4 =琴太豪 / 明瀬山
・幕下5 =大翔鵬 / 志摩ノ海
・幕下6 =×力真 / 大岩戸
・幕下7 =×里山 / 千代栄
・幕下8 =白鷹山 / 朝弁慶
・幕下9 =常幸龍 / 野上
・幕下10=富士東 / 天空海
・幕下11=出羽疾風 / 旭日松
・幕下12=福轟力 / 磋牙司
・幕下13=宝香鵬 / 髙立
・幕下14=水戸龍 / 霧馬山
・幕下15=阿夢露 / 貴公俊


 大関2場所目の髙安が東の首席。
 春日野部屋の小結争いは栃煌山。嘉風が35歳で関脇復帰。

 豊山が再入幕、同期の朝乃山も新入幕で追いついた。

 北海道出身の矢後が新十枚目、ただしシコ名はもらえず。
 千代皇が千代ノ皇に改名、いよいよ競走馬っぽい。

 幕下5枚目以内に舛の勝・木﨑・琴太豪と関取未経験者3名が集まった。
 東筆頭貴源治、西15枚目貴公俊と、幕下上位の筆頭と末席に双子が並ぶ椿事。


 初日は9月10日。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

人気blogランキングへ
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月27日(日)のつぶやき | トップ | 8月28日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。