銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

負けて悔しい相撲かな

2011-07-24 21:14:42 | 大相撲観測日誌
 平成二十三年七月(名古屋)場所(於・名古屋市中区二の丸 愛知県体育館)は千秋楽。満員御礼。

  ツイッター(@momijibasi)はじめました

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 地上波のアナログ放送は事実上終了し、デジタル放送に完全移行。「地デジ」という言葉が消えるのも時間の問題か?


 各段の優勝者と、幕下以上の何番か。


・序ノ口
 同部屋2人の決定戦、笹ノ山(西6)を熱戦の末撃破した佐久間山が優勝。
◎7勝
 佐久間山(西5、初、新序ノ口)


・序二段
 13日目に優勝決定。
◎7勝
 前乃富士(東4、初、各段も初)


・三段目
 決定戦。春日龍(東56)を下して阿夢露が優勝。
◎7勝
 阿夢露(東14、初、各段も初)


・幕下
 優勝は13日目に決定。
 栃飛龍(西13)が5勝目、北磻磨(東9)は4勝で終了。また関取挑戦。
◎7勝
 直江(西5、初、各段も初)


・十枚目(十両)
 新十枚目の飛天龍を倒し、千代嵐(東下3)十枚目昇進に花を添える5勝目。
 城ノ龍を押し出し、剣武は10勝の大勝ち。
 上林を押し出し、鳰の湖(東下筆頭)も5勝目。
 錦を押し出し、佐田の富士9勝で終了。錦(東9)は5勝に終わったが、十枚目尻に残りそう。
 一気に荒鷲を寄り切り、佐田の海7勝目。さすがに負け越しでの昇進は家賃を払い切れず。
 天鎧鵬を引きずるように上手投げ、寶智山9番。
 碧山の当たりに垣添はさびしく土俵を割るのみ。碧山7勝まで戻して終了、垣添の大銀杏姿も…。
 黒海を崩せず、隆の山千秋楽は敗退。黒海9勝で久々幕内、隆の山新入幕はどこまで通用するか。
 玉乃島を巧く押し出し、益荒海10勝目。

 協会ご挨拶。

 くるくる廻りながら終始千代の国を離さず、最後は後ろについて送り倒し。松谷は惜しすぎる7勝8敗で楽日。千代の国は1点勝ち越し。
 武州山を寄り倒した双大竜。物言いついたが団扇の通り、勝ち越し。武州山は負け越して幕内復帰はならず。
 芳東を寄り切り、妙義龍11勝目で決定戦の可能性。舛ノ山が敗れて決定戦となった。

 決定戦。舛ノ山を崩そうとして頑張る妙義龍。粘る舛ノ山に構わず攻め切って寄り切り。1差を付けられていた妙義龍が逆転十枚目優勝。
◎11勝4敗
 妙義龍(西12、初、各段は22年11月の幕下以来2回目)


・幕内
 舛ノ山(東十筆頭)を寄り倒し、富士東10勝目。舛ノ山は4敗に後退し、妙義龍と並んだ。

 各段優勝決定戦・表彰式。

 玉飛鳥が出るが途中から大道が止めて逆転。キョージュ大道6勝目、玉飛鳥(西下筆頭)は1点勝ち越しで幕内に戻る。
 新入幕安にどっと寄って行く高見盛。寄り倒し…は安が叩き込んで、先に高見盛が落ちた。安9番、高見盛3勝12敗で幕内を明け渡す。
 北太樹をガッと押し出して栃煌山10番。北太樹は負け越した。
 木村山をドッと押し出して臥牙丸5勝目。木村山は負け越した。
 粘る栃乃洋を寄り切り、時天空勝ち越し。栃乃洋(西14)6勝9敗。
 突いて来る翔天狼を押し出し、玉鷲5勝目。翔天狼は負け越した。
 磋牙司何も出来ませんでした。若の里9勝、磋牙司は8勝で終了。
 若い栃乃若を一方的に押し出し、豪風勝ち越し。
 突き合いから若荒雄が叩いて叩き込み、5勝目。新入幕宝富士も5勝止まりだが幕内には残る。

 腰を落として雅山を押し出し、豊ノ島9勝目。
 旭天鵬を組み止め、朝赤龍一気に出て6勝目。天鵬2勝止まり。
 豊響は力が入らない。嘉風が引き落として7番。
 魁聖を吊り上げるが残った。出る魁聖を入れ替えて栃ノ心何とか6勝目。健闘の魁聖、幕内2場所目は6勝9敗。
 寄って行って安美錦を力強く上手投げで下し、豪栄道小結で5勝は取り残された感じ。
 阿覧を寄り切り、鶴竜来場所に繋げる10勝目。これで2場所で22勝であるが…?
 琴奨菊は先場所と通算で、ここまで20勝。別に33勝と決まっているわけではないが、3人大関がいる以上、なるべく高いレベルの方が印象が良い。豊真将を寄り切り、何とか11勝。これで来場所も一応は大関昇進を懸けることになりそう。白鵬撃破で殊勲賞。豊真将も11勝4敗で敢闘賞。

 三役揃い踏み。

 琴欧洲が良い形で隠岐の海を攻めるが、踏み越してまさかの黒星。小結に叶う隠岐の海は勝ち越し、欧洲はまだまだ土俵の大きさを知らず…。
 全勝を狙う日馬富士。稀勢の里が攻め込み、日馬富士も頑張ったが稀勢の里がライヴァルの意地。稀勢の里10勝目で2場所18勝、全勝優勝なら大関に上がれる勘定だが…。優勝者を倒しても殊勲賞もらえないのは愛の鞭と思って?

 ピリッとしない上に優勝を逃し、力が出ない白鵬。把瑠都の上手投げに土俵を割ってしまい、去年1月以来の12勝止まり。その次の場所から渡さなかった「優勝」の2文字も、ついに奪われてしまった。把瑠都は11勝でまずまずのサービスでした。


 今場所もネット配信では神送りまで配信。先場所はワンサカいた新弟子も1人しかいないので、呼出しを中心に行司の胴上げ。


・幕内最高優勝
◎14勝1敗
 日馬富士(大関、21年5月以来2回目)
・殊勲賞
 琴奨菊(関脇、20年3月以来2回目)
・敢闘賞
 豊真将(前9、22年7月以来5回目)
・技能賞
 該当者なし(22年5月以来55回目)
・雷電賞(関脇以下の最高成績者を勝手に表彰)
 琴奨菊(関脇、23年1月以来2回目)


 今場所の関脇3人は3人とも勝ち越しなので東西正張含めて変動なし。
 小結は2人とも負け越しなので、豊ノ島と阿覧が復帰見込み。
 幕内は欠員2と魁皇引退で3枠が最初から空いている。高見盛と栃乃洋・木村山が陥落の星。十枚目から上がりそうなのは舛ノ山・玉飛鳥・芳東・隆の山・黒海までが確定、寶智山は木村山と入れ替えるかどうか。木村山は下に1枚出来るので、残留は大丈夫そう?
 十枚目は最初から5枠。明瀬山・上林・垣添・飛天龍・荒鷲が陥落の星。幕下から上がりそうなのは、鳰の湖・旭秀鵬・千代桜・千代嵐・琴勇輝・直江・里山のほか、勝龍や真鵬・北勝国も候補である…が、微妙でもある。


 まずは水曜日を待ちたい。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月23日(土)のつぶやきなど | トップ | 7月24日(日)のつぶやきなど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。