銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

平成二十九年七月場所・千秋楽 「ありがサンキュー」

2017-07-23 22:45:44 | 大相撲観測日誌
 平成二十九年七月(名古屋)場所(於・名古屋市中区二の丸 愛知県体育館)は千秋楽。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 決定した各段の優勝者など。


・序ノ口
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 友風(東25、初。各段も初=今場所が初番附)


・序二段
☆優勝決定戦進出者。
 炎鵬(東10)・舛乃山(東49)

 もと幕内舛乃山を破り、炎鵬(東10)が先場所の序ノ口から連続優勝。

◎7勝
 炎鵬(東10、初。各段は先場所の序ノ口以来2回目=初土俵から14連勝中)


・三段目
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 福轟力(東11、初。各段も初)


・幕下
 優勝は13日目に決定。

 禧勢ノ山(48)を引き落とし、若隆景(西38)6勝目。
 常幸龍(西4)を押し出し、舛の勝(5)勝ち越し。
 栃飛龍(6)を突き落とし、北磻磨(東2)6勝目。

◎7勝
 矢後(東11、初。各段も初)


・十枚目(十両)
 3敗1名・4敗3名で迎えた。3敗朝乃山は4敗大奄美と直接対決のため、朝乃山勝てば優勝、負ければ決定戦という展開。
☆3敗
 朝乃山(西5)
☆4敗
 魁聖(東筆頭)・豊山(東5)・大奄美(東8)

 照強を寄り切り、青狼(6)4勝目で関取残留。照強は負け越し。
 3敗の朝乃山を寄り切り、大奄美11勝。朝乃山も4敗となり、この時点で優勝決定戦が確定。
 琴恵光を寄り切り、豊山も11勝で優勝決定戦進出決定。琴恵光は負け越し。
 阿炎を引き落とし、安美錦10勝目だが1枚下の2名が11勝のため、再入幕には足りないか?
 千代鳳を寄り切り、妙義龍も10勝目。
 魁聖を寄り倒し、竜電9勝目。魁聖は5敗で脱落。巴戦が決まった。

 まず豊山を下して大奄美が王手。本割に続いて朝乃山を下し、大奄美が1日3勝で逆転優勝。

◎11勝4敗
 大奄美(東8、初。各段も初)


・幕内(まくのうち)
 宝富士を寄り切り、松鳳山10勝目。
 隠岐の海を破り、荒鷲勝ち越し。
 德勝龍を寄り切り、錦木勝ち越し。
 千代丸を上手く送り出し、石浦7勝目。
 五分同士、逸ノ城を寄り切って佐田の海勝ち越し。逸ノ城はまた負け越し。
 千代の国を叩き込み、宇良7勝目。
 栃ノ心を叩き込み、千代大龍10勝目。
 大翔丸を一気に押し出し、貴景勝5勝目。
 勢の小手投げを凌いで正代すくい投げ5勝目。
 勝てば敢闘賞の北勝富士に一気に寄って渡し込み、琴奨菊7勝目。北勝富士は8勝止まり。
 勝てば技能賞の嘉風を推してからの叩き込み、碧山13勝で白鵬の相撲を待つ。碧山は敢闘賞受賞だが、優勝すれば殊勲賞の望みもある。
 勝てば敢闘賞の阿武咲を押し出し、御嶽海9勝目で殊勲賞。
 玉鷲を押し出し、栃煌山12勝目。玉鷲は二ケタどころか関脇を守れず。

 大関同士。五分の豪栄道を叩き込み、髙安大関らしく9勝目。豪栄道は負け越し、髙安は大関の会不適格か。

 横綱同士。がっぷり組んでから日馬富士を寄り倒し、白鵬2場所連続39回目の優勝でサンキュー。

◎14勝1敗
 白鵬(東横綱首席、2場所連続39回目)

・殊勲賞
 御嶽海(西関脇、2場所連続2回目。三賞は通算4個目)
・敢闘賞
 碧山(東前8、23年11月以来2回目。三賞も2個目)
・技能賞
 該当者なし(29年3月以来72回目)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかのハードロック・後 | トップ | 7月23日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。