銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

2代目永遠のホープへ

2010-01-19 18:18:09 | 大相撲観測日誌
 平成二十二年一月(初)場所(於・國技館)は十日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会


・三段目
 弓取りの男女ノ里(西27)は千代白龍(西25)の寄り切りに敗れて負け越し。


・幕下
 海龍(東59)を押し出して直江、剣武(西18)を送り出して佐田の海が5連勝。
 鳥羽の山(西14)が寄り切って2勝目、北桜(東16)は今場所も負け越し。

☆5勝
 魁聖(東10)・佐田の海(東29・深尾(西35))・直江(東57)


・十枚目(十両)
 十文字(西14)は星風を寄り切って五分。
 白乃波は黒澤(西下2)を押し出して3勝目。黒澤は五分となり、関取昇進は厳しい。
 豊桜が境澤を突き落として五分。境澤は3敗に後退。
 将司が蒼国来を叩き込んで7勝目。新十枚目の勝ち越しはお預け。
 霧の若に寄り切られ、若天狼は7敗でピンチ。
 安壮富士が普天王を押し出して五分。普天王は負け越し決定。
 2敗の旭南海を押し出し、隠岐の海勝ち越しに王手。
 1敗の臥牙丸を下し、瀬川新入幕に王手。
 磋牙司は土佐ノ海の叩きに転がって4敗目。

☆1敗
 なし
☆2敗
 臥牙丸(東13)
☆3敗
 瀬川(東筆頭)・隠岐の海(東2)・将司(西6)・旭南海(東12)・境澤(西12)・蒼国来(西13)


・幕内
 栃乃洋を破り、岩木山6勝目。栃乃洋(西15)は元気なく負け越し。
 2敗同士の対戦。白馬が勝ち越し、北太樹今日は良いところなく敗れて勝ち越しはお預け。
 豊真将が不調の光龍を寄り切って五分。
 翔天狼が出て行ったが、高見盛が粘ると先に土俵を割っていた。高見盛は6勝目。
 時天空は昨日勝った相撲の途中に足を痛めて休場。幕内には残留。
 豊響が引き落としたが、その前に朝赤龍が土俵を割っていたので押し出し、7勝目。
 豪快な上手投げで黒海を下し、若の里7勝目。

 2敗同士の対戦は、阿覧を押し出して安美錦が勝ち越し。
 今日も防戦稀勢の里。垣添が寄り切って五分、稀勢の里も5連勝5連敗で五分。
 いなして叩いて引き落とし。栃ノ心を破って雅山は3勝目、栃ノ心負け越し。
 鶴竜を立ち合い変化で叩き込み。豪栄道が五分にしたが、これで今後大きく伸びることはなさそう。賜盃を簒奪した親方の言うことは気にしないように。
 上手を取っても取り切れず、棒立ちになって逃げるのみ。豊ノ島に敗れ、把瑠都はあっけなく2敗目。まあ、人間ですから…。

 突いて出たが、崩れる。嘉風が琴欧洲を押し出して五分。欧洲は残念な3敗目。
 日馬富士が魁皇を泳がせて送り出…せずに魁皇は残っている。そのまま押し出そうとすると俵で残った先輩より、先に出てしまった日馬富士も3敗目。ある意味波瀾で、魁皇“殊勲”。

 琴奨菊に何もさせず、白鵬完勝9勝目。淡白な相撲ばかりで進行が早いので、仕切りは長め?
 さらに進行が早いので、6~7分くらいずっと仕切っていた両者。やっと時間いっぱいになるや、朝青龍が待った。しかし豪風を普通に寄り倒して9勝目。

☆1敗
 白鵬(横綱)・朝青龍(横綱)
☆2敗
 把瑠都(関脇)・安美錦(西6)・白馬(西14)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知らなくても知っている | トップ | 本場所はともかく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
平成22年大相撲初場所10日目、一気に興ざめ (てるKUNのよもやまBLOG)
 把瑠都→琴欧洲→日馬富士と、3番続けて優勝争いの力士が敗れて、興味が一気に失せ
初場所十日目 把瑠都も人間だった (日々感動!)
幕下 北桜● 1勝4敗  隆の山● 2勝3敗 十両 隠岐の海○{/v/}旭南海● 押し出し 前へ前へ 7勝目! 幕内 高見盛○{/v/}翔天狼● 肩透かし 相手の足が出たの分からず、勝ってキョトン{/hiyo_en2/} 若の里○{/v/}黒海● 上手投げ  明日の取り組み紹介の時...
10年1月場所10日目 ○魁皇、信じられない動きの良さで日馬富士を下すw (バカピカ野球軍と配所の月)
実況太田アナ、玉ノ井、向こう高田川。 ○岩木山-栃乃洋●栃乃洋が左差しも土俵際投