銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

今年最初のライヴ…の前

2006-12-06 23:03:20 | あにめいべんと
 ちょいと前の話だが、11月19日日曜日、山本正之先生のライヴに行ってきた。

 山本先生は「燃えよドラゴンズ!」が作詞・作曲のデビュー。笑福亭鶴光さんの「うぐいすだにミュージックホール」や、間寛平さんの「ひらけチューリップ」なども提供しているが、何と言っても自身が唄う『タイムボカン』シリーズの数々の楽曲が有名ではないかと思う。


 さて、わたしは2004年まで、ほとんど曲も聴いたことがなく、「名前は知っているが…」という存在だった。
 当時わたしは、岩見沢市内のコミュニティFMで、番組を制作するボランティア集団に入っていて、わたしはアニメ系の番組に所属していた。

 2003年度は月3回木曜日の19時から放送していたが、諸般の事情で2004年度は月2回土曜日の16時からに移った。
 それを機会に新しいコーナーを設けることになり、各月1回目の放送ではアニメソングの歌い手を取り上げてみよう…ということにした。4月の1回目は山本正之さんであり、この時番組でかけたCDを借りたりするうちに、自分がファンになってしまった。


 さて、この年の10月、札幌市内で「マサユキ前線南回帰線」というライヴ情報を、本日誌でもおなじみのAさんから教えて頂いた。もちろん名前のとおり、山本先生のライヴである。
 ファンになるきっかけとなった、番組を一緒にやっていたNさんらとともに、さっそく出向いた。当日は休日出勤が予定されていたが、“所用”で蹴って、である。場所は、確か「チサンホテル」だったような。

 翌年、つまり昨年である2005年6月、今度は“歴史シリーズ”のみが唄われた「オール歴史シリーズライヴ『怒濤日本史』が行なわれ、やはり参加した。今度は全日空ホテル23階、となりは結婚式の新郎新婦控え室(笑)。こんなところで3~40人くらいが集まった。


 そして今回。都合により、詳細は次回に記述予定。


にほんブログ村 アニメブログへ
ジャンル:
歌手
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 決まり | トップ | わたしたちは、バカレンジャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
チサンホテル (チサンホテル)
チサンホテル