銀河後悔日誌、たまには

2014年12月14日より新発足しました。よろしくおねがいします。

6月23日(金)のつぶやき

2017-06-24 03:33:07 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月22日(木)のつぶやき

2017-06-23 03:28:14 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月21日(水)のつぶやき

2017-06-22 03:31:12 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月19日(月)のつぶやき

2017-06-20 03:26:48 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月18日(日)のつぶやき

2017-06-19 03:24:20 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成二十九年名古屋場所希望番附

2017-06-18 19:52:03 | 大相撲観測日誌
 平成二十九年七月(名古屋)場所の“希望番附”を編成した。都合により幕内のみとする。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 毎度おなじみ、○は「新昇進」・△は「再昇進」・×は「上位からの陥落」・を示す。

・横綱1 =白鵬 / 日馬富士
・横綱2 =稀勢の里 / 鶴竜
・大関1 =照ノ富士 / 豪栄道
・大関2 =○髙安 / -----
・関脇 =玉鷲 /○御嶽海
・小結  =嘉風 /×琴奨菊
・前頭1 =正代 / 貴景勝
・前頭2 =栃ノ心 / 北勝富士
・前頭3 =宇良 / 勢
・前頭4 =遠藤 / 輝
・前頭5 =千代翔馬 / 栃煌山
・前頭6 =逸ノ城 / 大栄翔
・前頭7 =阿武咲 / 貴ノ岩
・前頭8 =碧山 / 石浦
・前頭9 =隠岐の海 / 千代大龍
・前頭10=德勝龍 / 千代の国
・前頭11=松鳳山 / 大翔丸
・前頭12=荒鷲 / 豪風
・前頭13=宝富士 / 蒼国来
・前頭14=△佐田の海 /△千代丸
・前頭15=琴勇輝 /△錦木
・前頭16=△臥牙丸 / -----


 大関は東西変わらず、新大関は慣例に従い最下位とした。

 関脇は髙安が抜けた後を東小結で8勝の御嶽海が順当に新昇進か。小結は関脇で7勝の琴奨菊が残留か。

 幕内から十枚目に落ちそうな力士は4名。上がりそうな力士も4名ですんなり入れ替わりそう。


 番附発表は6月26日。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空前絶後の領域外・前

2017-06-18 16:22:05 | めいたんていコナン…など
 6月17日の『名探偵コナン』は、第863話「霊魂探偵殺害事件 (前編)」が放送された(6月18日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


「霊魂探偵殺害事件 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。 
 コナンは17年前に殺害された羽田浩司の事件について考える。コナンはボディーガードの浅香が犯人で、浅香の正体は黒ずくめの組織No.2のラムだと推理する。そんな折、小五郎は霊魂探偵の堀田凱人と対談してほしいと電話で依頼される。堀田が17年前に殺害された羽田の霊を呼び出し、事件の真相を解き明かすという。翌朝、小五郎は打ち合わせするため、コナンと共にホテルのレストランへ向かう。亡くなった人の霊を呼び出すという堀田はイカサマがバレてマスコミに叩かれた過去がある男だった。

 ホテル到着後、小五郎とコナンは東都テレビディレクターの古栗参平と合流。食事前に堀田がいる402号室を訪れ、霊を呼び出す所を見せてもらう事に。古栗は堀田の部屋のドアチャイムを何度も鳴らすが返事はなし。今朝、古栗が堀田とメールでやり取りした時、堀田は打ち合わせ前に誰かと会うと話していたという。この時、古栗は1時間前に堀田からメールが届いていた事に気付く。午前7時28分に届いたメールには「殺される 助けて」と書かれていた。

 8時56分、ホテルボーイがカードキー持って402号室前にやってくる。その時、古栗のスマホに着信があるが、ただの間違い電話だった。この後、小五郎たちは402号室に入る。3階からは改修工事の音が響いていた。部屋に入ると、何かが割れる音が聞こえてくる。床には割れた皿やグラスとワインの染み。こぼれたワインを誰かが踏んだスリッパの跡が残り、その跡は奥の寝室まで続いていた。

 寝室のドアを開けた小五郎はベランダから何者かが逃げる人影を目撃。ベランダに染みつきスリッパも脱ぎ捨てられていて、小五郎は犯人が隣の部屋に逃げたと考える。この後、小五郎たちはベッドのシーツの下から胸を数ヵ所刺された堀田の遺体を発見する。コナンと小五郎は403号室の宿泊客に会う事に。403号室に泊まっていたのは世良真純だった。世良は部屋に誰も来ていないと証言する。部屋では小五郎たちに気付かれないように世良の母親、メアリーが身を潜めていた。

 この後、古栗のオープンカーが駐車場の変な場所に停めてあると苦情が入る。車は402号室のベランダの真下に停めてあって、古栗はすぐに車を移動させる。コナンは駐車スペースが空いてるのに古栗が変な場所に車を停めた事に疑問を持つ。コナンが403号室を出た後、身を潜めていたメアリーはコナンが落としていった蝶ネクタイ型変声機を拾う。捜査を開始した目暮警部はボーイから話を聞く。ボーイによれば、3階の改修工事は毎日9時から始まり、工事中は4階の部屋が少し揺れるという。小五郎たちが402号室に入ったのは9時頃。テーブルの端にグラスを置いておけば、その揺れで床に落ちる可能性もあるのだ。この時、コナンはテーブルに塩が付着している事に気付いて事件の真相に近づくが…。


 引き続き17年前の事件の真相を探る展開。そこにおそらく関係者の世良、謎の“妹”が登場。

 本日の被害者は小五郎の対談相手。やっぱり小五郎と対談するには、命を懸ける必要があるのか…と、実際は偶然なんだけど心配なことではあります。



・今回の「声の出演」

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利小五郎:小山力也
------------------
 目暮警部:茶 風 林
 高木刑事:高木 渉
------------------
 世良真純:日髙のり子
 領域外の妹:田中敦子
------------------
 古栗参平:佐々木 望
 ボーイ:笹田貴之

 ジン:堀 之紀


 次回は6月24日、第864話「霊魂探偵殺害事件 (後編)」を放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。
 小五郎とコナン、東都テレビの古栗は霊魂探偵の堀田が宿泊するホテルの402号室を訪ね、逃げる犯人と殺害された堀田を発見する。コナンは402号室のドアを開けた時の事を思い出しながら部屋の気になる所を調べる。コナンと世良はすでに犯人の目星をつけていた。この後、コナンは小五郎の行動をヒントにトリックを見破る。コナンは小五郎に麻酔銃を発射し、推理ショーを始めようとするが、蝶ネクタイ型変声機がない事に気付いて…。

 変声機を落としたコナン。眠りの小五郎のアテレコするのは誰?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月17日(土)のつぶやき

2017-06-18 03:31:06 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月16日(金)のつぶやき

2017-06-17 03:29:11 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月15日(木)のつぶやき

2017-06-16 03:26:44 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月14日(水)のつぶやき

2017-06-15 03:24:53 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月13日(火)のつぶやき

2017-06-14 03:23:11 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月12日(月)のつぶやき

2017-06-13 03:22:04 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発明家の助手も推理する・後

2017-06-12 22:30:33 | めいたんていコナン…など
 6月10日の『名探偵コナン』は、第862話「17年前と同じ現場 (後編)」が放送された(6月12日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


「17年前と同じ現場 (後編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。 
 不動産社長の樋山邦寿は阿笠博士が開発したハサミを持ったまま殺害され、コナンと沖矢は阿笠に同行して現場にやってくる。第一発見者は元駄菓子屋の仙波和徳。阿笠は仙波を犯人と疑うが、仙波が凶器を持って家に入る事は不可能だった。この事件は被害者がハサミを持っていた点、現場の蛇口が開きっ放しだった点など、17年前に棋士の羽田浩司がホテルで殺害された未解決事件に酷似していた。コナンと沖矢は遺体を発見した時の様子を再現する仙波を見て、いくつもの矛盾に気付く。

 そして、コナンと沖矢は運ばれる遺体の傷口に注目。遺体の傷口には蜂蜜のようなペースト状のものが付着していた。コナンと沖矢は仙波が犯人で間違いないと考えるものの、凶器とそれを離れに持ち込んだ方法まではわからずにいた。コナンは仙波が来た時、何か持っていなかったかを玄関のボディーガード2人に確認。ボディーガードは仙波がビニール袋に入った小さな人形、人形のカタログを持っていたと証言する。駄菓子のオマケで、孫にプレゼントすると人形について話していた仙波。他には財布、ハンカチ、鍵くらいしか持っていなかったいう。

 コナンたちが質問していると、ボディーガードは仙波が来る少し前に黄色いカラーボールが飛んできた事を思い出す。ボールは塀の向こうにある公園から飛んできた可能性が高かったが、誰も取りに来なかったという。沖矢はボールが飛んできた場所を訊ねる。ボディーガードは屋根に何か当たる音がして、離れの奥に行ったと証言し、ボールが転がっていた場所を教える。コナンは鉄格子が付いていない小さい窓に目を留める。それは離れの廊下を挟んで脱衣所の向かいにあるトイレの窓だった。この窓は小さくて、子供でも出入りする事は不可能だった。コナンと沖矢は現場の状況を1つ1つ整理していく。

 この後、ボディーガードはカラーボールが屋根に当たった時、結構大きな音がした事を思い出す。この証言を聞いたコナンと沖矢は犯人が凶器を離れに持ち運んだトリックを見破る。その時、玄関の方から阿笠の大きな悲鳴が聞こえてくる。阿笠は縁側の下に行列をつくるアリを見て驚いたという。コナンは阿笠との会話をヒントに事件の真相に近づいていく。沖矢は縁側の奥を見て凶器を発見。縁側の下のアリの行列はカラーボールへと繋がっていた。全ての謎を解いたコナンと沖矢は犯人が使ったトリックを再現しながら徐々に犯人を追い込み、事件の全容を解き明かしていく…。


 事件は事件として無事(?)犯人トリックも判明。しかし、被害者のメッセージが、17年前の事件のメッセージを連想させる…と、気の長いお話なわけだが、現実世界では17年どころではない年月が経過しておりまして…。

 小学生とFBIが同時に真相に辿り着く展開を見つつ、次回もこの続き。


・今回の「声の出演」

 江戸川コナン:高山みなみ

 阿笠博士:緒方賢一
------------------
 赤井秀一:池田秀一
 沖矢 昴:置鮎龍太郎
 ジョディ:一城みゆ希
------------------
 目暮警部:茶 風 林
 高木刑事:高木 渉
 千葉刑事:千葉一伸
 ボディーガード:三戸耕三
        :柳沢栄治
------------------
 仙波和徳:中田譲治


 次回は6月17日、第863話「霊魂探偵殺害事件 (前編)」を放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。
 小五郎は霊魂探偵の堀田と対談する事になり、打ち合わせのためにコナンと共にホテルに向かう。小五郎たちは東都テレビの古栗と合流後、堀田の部屋を訪ねるが応答はなし。この時、古栗は堀田から「殺される 助けて」というメールが届いていた事に気付く。午前9時頃、小五郎たちはホテルボーイに鍵を開けてもらって部屋に入る。小五郎はベランダから何者かが逃げる人影を目撃。ベッドでは堀田が胸を数ヵ所刺されて絶命していた…。

 小五郎なんかと対談するから…とは言いますまい。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月9日(金)のつぶやき

2017-06-10 03:29:55 | @momijibasi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加