もるるんのよくばりポケット

いろーんなことに興味がある、ミーハーな働く主婦もるるんの日常や思ったことを書いていこうと思います☆☆

「母になる」最終回感想

2017-06-17 09:58:29 | 母になる
思った通り、ほのぼのとした終わり方でした。
ドラマの開始前は、ドロドロドラマになるのでは?って心配したけど、
途中から、そういう感じでなくなってきて・・・

きれいな終わり方になるような方向になってきたと思います。
まあ、だいぶ迷走した感はあるけどね。
あの大塚寧々さんエピは余計だったなと思いますよね~

柏崎モーターズでの結衣と麻子の対峙のシーン、素晴らしかったです。
あそこで、なんか結衣は吹っ切れたんじゃないかなって思いました。
そのあとからの、麻子に対する感情が、変わったような・・・
なんかどこか同志という気持ちもわいたような。
だからこその、最終回の「育ててくれてありがとう」になったのかなと。

そういう意味では、いい終わり方だったなと思います。
まあ、物足りないとかいろいろ思う人もいるとは思うけど。

麻子もきれいに身を引いたのが、ちょっとホッとしました。

それよりなにより、やっぱり陽ちゃんですよね。
チューチューダンスで、めっちゃ可愛かったし・・・
これ、絶対、直人、秋のライブツアーでやるよね。
ダンサーいなくても、一人でもやるよね(笑い)

あと、9話だっけ、広を叱るシーンもよかった。
陽ちゃんも「父になる」でした。
最後の縁側で二人で寝てるシーン。親子でしたね。

途中ちょっと物足りなかったけど。。。でも、最後ほのぼのしたからいいか!!

あ!ミッチーほんとにかわいかった。これから、どんどん出てきてほしいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崩壊シリーズ~ 「リメンバー... | トップ | 松山千春コンサートツアー201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL