もるるんのよくばりポケット

いろーんなことに興味がある、ミーハーな働く主婦もるるんの日常や思ったことを書いていこうと思います☆☆

松山千春コンサートツアー2017春「原風景」 東京国際フォーラムホールA 2017.05.11(ネタバレあり)

2017-06-18 21:07:44 | 松山千春
松山千春コンサートツアー2017  「原風景」 2017.5.11 東京国際フォーラムホールA

2017春ツアー、初日川口に続き二本目の参戦。
前回のフォーラムはなんと!!の最前列ですが、見守る会でとった今回のチケットは
安定の2階でした(笑い)3列目だったけど。

まずの感想は、初日とセトリがだいぶ違ってびっくりした。


1.「旅立ち」

え?「ムーンライト」でないの?え?「旅立ち」?
すごいびっくりした。
声が結構出てて安心。やっぱり2daysの二日目はちょっと心配。

最初のMC。
あいさつのあと、
今日は二日目だから昨日とは全然違った曲目でと・・・
ちょっとは毎回変わってるけど、全然違うって、すごく珍しいし、
最初に宣言しちゃうのって初めてかも。でも、なんかうれしい。
二日目は、「松山千春と歩んだ41年」だそうです。
シングル曲が多いセトリになるんだろうな~という予感


2.「銀の雨」

MC
俺は本当はバスケットをやりたかった。
血糖値の話から、インシュリン注射の話。

松山千春のコンサートに初めて来た人?
今日でよかった。昨日だったら知らない曲ばっかりだった。


3.「季節の中で」

MC
これらの曲を昨日は歌わなかった。では昨日は何を歌ってたんだ?
夏目さんとたっちゃんの話。たっちゃん、そんな話しちゃって大丈夫なのか?
悪いことから足を洗ったのは、音楽に夢中になったからだそうです。
たっちゃんは本来はロックだから、本当は千春のバックよりもロックをやりたかったらしい。

ツアーの話。大船渡に行ってきた。
大船渡で海が見えない。高い堤防ができたから。
災害があったのはわかるけど、陸と海を隔てるようなことは間違ってると思う。
もし、また災害があったとしても、海と一緒に避難を考えるようになってほしい。

安倍夫人の話。証人喚問するべきか?
自民党総裁と内閣総理大臣の立場の違いの話

月菜ちゃんの話。自分のDNAを残すには、孫を産んでほしい。
同級生はみんな孫がいる。
でも、月菜ちゃんは、結婚したくないそう。もう31だそうです。
突然「夏目、お前俺のことお父さんとよべるか?」

~千春もお孫さんがほしいんだなあって、普通に。
 ちょっと意外でした。

中道さんが、自分だけ結婚式に呼んでくれなかった話を・・・
それも、東京と高知、2回も。でも根に持ってないそうです(爆笑)

何の見返りを求めることなく、人を好きになってほしい。
そのくらいの気持ちで恋愛すれば、俺のようなフォークシンガーになれます。


4.「恋」

MC
奥様の話。競馬を見ている横で、いびきをかいて寝ている(笑い)
30年前に結婚した時に、「そのままのお前でいいから」と言ったはずなのに、
ぶくぶくと太りやがって・・・・俺だって髪の毛が・・・
こんな俺でもいいか?


5.「 純-愛する者たちへ-」

え~大丈夫なの?今日は調子が良いの?ってマジに思いました。
シングルシリーズだから、この曲なんですかね?でも、単純にうれしいです。
でも、声よく出てました。よく伸びてました。


<休憩>

6.「オホーツク」(弾き語り)

初日と同じできましたね。でも、弾き語りでした。
ここからはセトリ一緒なのかな?
初日でも思ったけど、ホントにこの曲はオホーツク海が目に浮かぶんですよね。
この曲は弾き語りの方がいいです。

MC
今日は弾き語りで・・・メンバーをあまり使ってもブラック企業と言われてしまうので。

フォークはもう死語に近い。フォークは民謡。
フォークソングの歴史を・・・・アメリカの歴史。
最初は自分の出身地の歌を。その後、自分で曲を作り始める人が出てきた。
学生たちが歌いだした。
それが日本に入ってきた。岡林信康。
岡林信康はフォークの神様。私は、フォークの仏様。
岡林が失踪して。。。そのあと、どうなるか?
加川良か吉田拓郎か。時代は吉田拓郎を選んだ。

3年前、正やんと良さんと3人で奄美大島でコンサートをやりました。
今年、4月5日、加川良が亡くなりました。
いろいろ有名な曲もあるけど、今日は「妹に送る唄」を。


7.「妹に送る唄」(弾き語り)

初めて聴く曲だったけど。。。あの時期のフォークという感じで。
千春がこの曲を一生懸命コピーしてたんだろうな~と思いながら聴いてました。

MC
加川良に出会えてよかった。別れはさびしい。
でも、出会えたら別れるんだから。
空をみてください。空を仰げば、空は高い。その広さに圧倒されます。


8.「空」(弾き語り)

この曲はギターの弾き語りの方がいいけど。。。
でも、やっぱり、サビの部分の高いところはフラットしてて・・・
気になって仕方なかった。しつこいようだけど、半音下げればいいのに・・・・

MC
コロンビアになってから、ヒット曲が出てない。いつかは恩返しを・・・


9.「Look me」(弾き語り)

この曲も・・・弾き語りが好きだなあ・・・なんていうと夏目さんに申し訳ないけど。
やっぱり、千春はギター1本が似合うのかも。

MC
今日は弾き語りなどもさしていただき・・・
毎日毎日が楽しい。
こんな俺が言うのもなんだけど、みんな健康で。

今日コンサートに来ていただけたのも、なんかの縁だから
松山千春を見届けるのも義務だから。
みんなが、俺に背中を向けても、その背中に向かって歌い続けるから。
それがフォークシンガーです。


10.「残照」

ここからまた、メンバーが戻ってきました。
安定の音程と歌唱でした。

MC
春のコンサートは「原風景」で回ってますが、この曲はレコーディングしていない。
自分は、松山明、ミヨの子として。姉ちゃんが一人。もうなくなりましたが。
暗い性格の弟、明人。
自分の生まれる前に、ちあきという兄がいた。

父さんは売れない新聞。母さんは土方に行ってた。
俺がおなかにいるときに、母さん、トラックから落ちて、手を離せばいいのに、
トラックにしがみついて引きずられた。
生まれて両股関節脱臼。足寄でも帯広でもダメで、札幌の北大病院に入院。
病院で1歳の誕生日を迎える。
大学病院の椿原先生から、養子にという話もあった。でも、両親が断った。

何年か前に、先生が札幌のコンサートに来てくれた。
あのあと、子宝にも恵まれたそうだけど。

どんなに貧しくても、卑しくなってはいけない。貧しさと卑しさは違う。
戦後日本は貧しい中がんばった。それから70年。日本は大きな国になった。
今、日本に蝕む卑しさ。これは自分は許せない。それを訴えていきたい。


11.「原風景」

今回のMCでそういう意味でこの曲ができたのかと、改めて思った。
川口で聴いたときは、自分が生まれた風景という意味しか、わからなかったんだけど。
でも、そんな深い意味があるのかと。。。ちょっと感動でした。
そして、やっぱり、北海道の風景がほんとに思い描ける大きな曲だと思う。
この曲は、千春にしか、絶対!歌えないと思いました。


本編終了

アンコール
12.「夢の旅人」

13.「長い夜」
2階でもみんなスタンディングでした。

MC
こういう曲がいいんですね。はいはい、よくわかりました!!

14.「人生の空から」

MC
「空」のカップリング曲は「ALL RIGHT」

15.「ALL RIGHT」

MC
たつ!ロックしていいぞ。
中道!結婚式に呼ばなかったこと、俺が忘れないぞ!


16.「君を忘れない」

この曲はすごく好きで。ほんとに久々に聴いたんで、私は泣きそうでした。
声も出てたし。。。ウルウルしながらずっと聴いてました。
サビの部分はやっぱり厳しそうだったけど。
間奏で、思いっきり拍手しちゃいました。

「どーーーーーーーも!!」で終了でした。

「大空と大地の中で」でアンコール1は終わると思ってたから、ちょっとびっくりしちゃいました。


Wアンコール

17.「明日のために」

MC
二日間ありがとうございました。

自分で朝起きてどこにいるかわかんなくなる。
ステージの上にいるときが一番元気です。
お互い元気で、また東京。元気でいろよ!!


もうイントロでわかって。。。涙腺が。。。
この曲も大大大好きで。。。。ピアノがすごくいいし。。
このころのことも思い出すし。。。それに、すごく優しいんだよね。
メロディも歌詞も。。。ほんとに素敵な大切な曲です。
この曲を歌ってくれてありがとう。
声を振り絞って歌ってくれてありがとう!!!
明日のために。。。私、また明日も頑張れると力をもらいました。

「どーーーーーーーも!!」
「元気で!!」「元気で」
「どーーーーーーーも!!」



私は東京二日目しか参加しなかったんですが、初日とだいぶセトリが違ったようですね。
二日目はシングル曲が多く、それについては、いろいろ意見はあるとは思うんだけど、
私はこういうコンサートもいいな!って思いました。
声の調子は相変わらずだけど、でも、「明日のために」は力をすごく感じました。

そうそう、アンコールで「大空と大地の中で」がないのが久々でした。
ワタシ的には、ちょっと「大空~」の合唱に、マンネリ化を感じていたんで、
嬉しかったかな。「君を忘れない」で歌いあげて、幕!ってのもよかったです。

あと、弾き語りもやっぱりあるといいな。

人生の春夏秋冬の話がなかったのが、ちょっと残念だったかな。あの話好きだったから。
でも、この日は弾き語りからの、加川良さんの話がしたかったんだろうな。

そうそう、「原風景」の話・・・奥が深いなって感動でした。

私は春はこれで終わりで、また秋のツアーを楽しみにしていたいと思ってます。

あ!!!!
シルクのシャツの柄は、キツネみたいですね~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「母になる」最終回感想 | トップ | 「魔都夜曲」フライヤーなど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL