海外ドラマ☆SFワールド

海外ドラマレビュー(視聴記録)Netflix,プライム・ビデオ視聴中
-Live Long and Prosper

L&O: UK2話「愛されざる者」

2014-10-09 | LAW & ORDER: UK
元ネタは本家S4第9話「片隅の少年たち」
4歳の少年ジョンの死体が、夜の街の路上で発見された。壮絶な暴力の果ての撲殺だった。母親が麻薬依存者で、里親のビショップ夫人の元で暮らしていたジョン。犯人として逮捕されたのは、同じ里子の少年クリスだった(粗筋はスーパードラマTVサイトより)


Unloved


ユーストン駅近くで、牧師(シェルターで食事を提供している)が路上で死んでいる子供を発見する。
男の子は多数のアザと打撲があり、後頭部はぐちゃぐちゃだった。
財布もIDも携帯も持っていなかったが、地元の子供でもなかった。

検死の結果、男の子は13歳で胃の内容物から路上生活者ではないが、捜索願いも出されておらず身元が不明だった。

報道を見たという教師の情報から失読症のダニー・ジャクソンと判明。
母親は、彼氏が出来て引っ越していったというが、ダニーは福祉局に保護され里親のバクスター家にいた。
母親は、ダニーを引き取りたいと決意して更正施設にいた。

里親が捜索願も出していなかったのは1、2日すればダニーが戻ると思ったからだった(大概は母親に会いにいくという)。
金曜の夜は何時もどおり、食事を済ませるとバクスター家で同じように保護しているジョノとアンディと共にダニーは映画に行ったという。

ママの彼氏スティービーからダニーは暴力をうけていたと子供達は認める。
新しいスティービーの彼女にもアザがあったがスティービーに虐待の証拠はみつからなかった。
子供時代に虐待の経験があったマットは憤りを隠せなかった。

映画に行ったはずのジョノとアンディは、最期のダニーと一緒にいるところが監視カメラに写っていた。
2人から事情を聞くとアンディが「ダニーがママと一緒に住むのにお金がいるからスティービーの音楽機材を盗もうと、誰かが出てきて逃げたあとにジョノがキレた」
「なぜ留守じゃないのかとジョノはダニーを倒し顔を殴り、容赦なく蹴った」と話す。

ジョノ・ブレイク、ダニー殺しで逮捕される。

ジョノは、マーティンとの喧嘩でも重傷を負わせていた。
そして、父親は刑務所にいる。
このことから弁護人ビーは「戦士の遺伝子」説を抗弁する。
欠陥遺伝子を保有、自分を制御できないというもの。

13歳なのに大人と同じ土俵での裁判はかなり痛々しい。
それなのにジョノの本当の母親がジョノが怪物と証言

ビーはこれが作戦だと言うが、子供のジョノにはきちんとそれが理解できていない。
ジョノは自らを「生まれたときから怪物で過ちなんだ」とダニーを殺したことを認める。



ビーは、ジェームズの元カノだった。
あくまでもビーは抗弁と言ったけど、この作戦は子供に使うのには失敗だったのでは?なんて思ってしまいました。
ビーも一生懸命でしたけどね。
この裁判は「戦士の遺伝子」説が通れば司法が崩壊してしまうと大騒ぎになった。
ジョージが「法の限界が我々の限界だ」という台詞が心に響く。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールモスト・ヒューマン 13... | TOP | フォーリング スカイズ3-10「... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | LAW & ORDER: UK

Similar Entries