海外ドラマ☆SFワールド

海外ドラマレビュー(視聴記録)Netflix,プライム・ビデオ視聴中
-Live Long and Prosper

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班7 13話「機内の殺し屋」

2011-09-02 | NCIS
Jet Lag
軍事会社の内部告発者ノラ・ウィリアムズを無事に送り届けるのが任務のトニーとジヴァはパリに飛んだ。
機内には航空保安官も同乗しており、トニーとジヴァは協力してノラの安全を確保することに。
一方、海兵隊マーク・パーソンズが殺されるという事件が起きる。

機内とNCISと2箇所が描かれますが見事に一つに繋がりますね!
って、この邦題はなんとかならんのですか?
「ミュータントX」のシャリマーがゲストで「機内の殺し屋」じゃアタクシ犯人が閃いてしまいます
最近では「デイ・ブレイク」に出演してましたね。

まあ、まあ、毎度犯人推理は当たることが多くても、このドラマはキャストが面白くて好きなんで許容範囲ということでw

機内では安全の上に安全をということで水を貰うのにも気を遣っています。
トニーはスポック君(乗務員)にまだ開けてない新しいペットボトルの水を要求します。
乗務員間ではこれでトニーは要注意人物です
新しいペットボトルを手渡され長寿と繁栄を!とトニーが!

これで「スタートレック」ネタが終わったわけではありません。
機内のトイレで航空保安官が編み針で刺されて死亡するという事件が起きます。
保安官の銃が狙いなのか?といったところから映画おたくトニーからはカーク船長(ウィリアム・シャトナー)出演のミステリーゾーン65話「二万フィートの戦慄」が例えに出されました!

一方、NCISが追う海兵隊殺人事件。
ネコ砂をかけられた状態でみつかります。
ネコ砂には消臭力があるからですね、鼻が黒くてパンダ状態でした。
この海兵隊もノラを調査しており、トニーたちが乗る飛行機と同じ搭乗券が用意されていた。

海兵隊は50万ドルで殺し屋のプロに殺されていた。
その仲介役がホーリー・スノーでした。
この人は政界なんかとも繋がりがあるようでしたね。

また、ノラは3ヵ月後に同僚のダニエルと結婚予定でした。
今は、ノラはパリの支社にダニエルは社長のべリンジャーの元と別々に働いていた。

お金の流れから社長のべリンジャーが怪しいと思われたが、婚約者ダニエルが会社のお金を横領し、ノラを殺そうとしていた。
また社長も海軍から横領をしていた。
なんという会社なんだ!

雇われたプロの殺し屋は機内の客室乗務員スティファニー・チェイス(「ミュータントX」シャリマー)でした。
二束のわらじを履いていたわけですね。

ノラはピーナツアレルギーで、機内の枕カバーにピーナツの粉が付着、アナフラキーショック死を狙っていたわけです。
「デイ・ブレイク」では刑事さんだったシャリマーですけどね。。。

ラストでギブスはダニエルが運転の車に激しくぶつけられて肩を負傷してしまいました。
ボス大丈夫か?

ノラはトニーとジヴァがお似合いだと終始気にしていたようでしたが、ルール12により同僚同士の恋愛はご法度だそうですよ~(笑)。



『ドラマ』 ジャンルのランキング
Comments (2)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドールハウス2 3話「 眠ら... | TOP | ドールハウス2 4話「黒い... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トニーとジヴァ (まぐ)
2017-10-07 03:33:35
こんにちは。記事、ありがとうございます。先日再放送でこのエピソードを見て、一体いつごろの話かなと思い検索してたどり着きました。なぜ知りたかったかというと、もちろんはっきりとは言ってませんが、この時パリでトニーとジヴァは結ばれていたんですね。最後にトニーが、なんでノラに嘘ついたのとジヴァに聞いたことで、ジヴァは7917カウチには寝てなかったということになりますよね。だから朝トニーが珍しく機嫌がよかったという。。。たまにしか見ないので、時系列がわかってないというか。でもこれで少し二人の関係がわかりました。ありがとうございました。
Unknown (モリー)
2017-10-14 22:12:40
まぐさん、訪問ありがとうございます。

だいぶ前に観たきりだったので色々なことを忘れていましたが、こうしてコメント頂くとトニーとジバァが蘇ってきて懐かしいです。

post a comment

Recent Entries | NCIS

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
みにくい顔 (もののはじめblog)
米テレビドラマ『ミステリーゾーン』の「みにくい顔」の一シーン。 全94話(1959-1961年)の第44話 The Eye of the Beholder 。                 余りにも顔がみにくいために11回の手術を受け、顔が包帯だらけの女。今回の手術も失敗なら、同じ問題を抱える...