海外ドラマ☆SFワールド

海外ドラマレビュー(視聴記録)Netflix,プライム・ビデオ視聴中
-Live Long and Prosper

スタートレック ヴォイジャー 57話~59話

2008-02-11 | DS-9 VOY 
57話「霊界からの誘い」 CODA
シャトルで、ある星に向かっていた艦長とチャコティはイオン嵐に巻き込まれて墜落する。その後、2人はヴィディア人に襲われ再びシャトルに戻るという行為を繰り返す。なんとかしてヴォイジャーに戻った2人は原因を追及するが、そんな折、艦長はドクターから「フェイジに感染して幻覚症状が起こっている」と告げられる。

58話「消えた村の謎」 BLOOD FEVER 
クルーの一人であるバルカン人のボーラックが、“ポン・ファー”の時期に入っていた。それはバルカン人に7年に一度訪れる発情期のようなもので、彼はその症状を抑えることが出来ずトレスに求婚してしまう。トレスはそれをはねつけるが、ギャリサイトを発掘する任務で向かった洞窟で異常な行動を見せはじめる。

59話 「ボーグ・キューブ」 UNITY
チャコティたちは、ネクリッド・エリアの偵察を終えてヴォイジャーに戻る途中に救難信号を受け、救援に向かう。驚いたことに、信号を送ったのはライリーと名乗る地球人の女性だった。ちょうどその頃、ヴォイジャーがボーグ・キューブと遭遇する。船は機能停止しておりボーグたちも皆死んでいたが、彼らはいつ再起動するか分からない状態だった。(粗筋は何れもLD版より)



57話、TNGの116話(LD順)「恐怖の宇宙時間連続体」を思い出した。
艦長の父・提督が登場してきた時に、これはどうも艦長をどこかへ連れて行きたいのかなと思った。それは艦長も言っていたが、父になりすました者の目的が明白に見えた。
しかし、本当に艦長の葬儀が行われていなくて良かった~。

58話はビックリ!!何が?ってパリスがトレスのこと好きだったこと。
気がつきませんでした
ちょっと前からバルカン君のボォーラックが登場したのはこのお話に続いていたんですね。だけどトレス強かったな。クリンゴンはやっぱり強いわー。

59話 パリス役のロバート・ダンカン・マクニール監督作品
前話のラストでボーグの痕跡らしきものがあり、遂に登場だよ
医療室でドクターがボーグの死体をいじっていて動き出したときはビックリ。
だけど、ボーグ自体はこの程度の登場で終わっちゃったのはちょっとがっかり。

チャコティを救ってくれたドクター・オラム、元ボーグのロミュラン人男性を演じたのは「インベイジョン」で神父役だったIvar Broggerさんでした。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バトルスター・ギャラクティ... | TOP | 宇宙空母ギャラクティカ 4... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この3話 (浅木)
2008-02-11 02:22:41
57話、大好きなお父さんにもなびかなかった
艦長が、強くもありちょっとかわいそうでもあ
り…。艦長の葬儀なんて、私も見たくないです
(泣)。
58話、トムの好みはナイスバディの金髪美女
かと思ってました。いや、ベラナも可愛いです
けどね。ベラナってほんとすごいですよね、肩
揉むだけで敵を倒せるバルカンを倒しちゃうん
ですから…。ハーフなのに。
59話、結局この人たちがどうなったのか、そ
の後が気になりますよね。後にも、集合体から
離れたボーグが出てきますけど、彼らもやはり
自己の解放に喜びます。一人を除いては…。あ、
そのエピでは、ある意味この後日談的なナハシ
なのかと…今思います。
Unknown (モリー)
2008-02-11 20:53:23
浅木さん、57話の艦長はとても冷静でした。冷静でなければエイリアンの真の目的を見抜けなかっただろうと思うと、やっぱり艦長だと思いました。

58話、べラナがトムの好みだとは思わなかったですよ~。トムは強い人が好きなんですね。
ちょっと前にべラナがバルカン君のことをまだ子供だなんて言っていたのを思い出しました。
強いべラナかっこ良かった。

59話はボーグの話にしては、あのままかなと思っていました。
後日談的なお話があるんですね。
このデルタ宇宙域にもボーグの残骸か…。
Qの居るところにはボーグもいますね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。