海外ドラマ☆SFワールド

海外ドラマレビュー(視聴記録)Netflix,プライム・ビデオ視聴中
-Live Long and Prosper

ウエストワールド(1973)

2016-10-11 | 映画
WESTWORLD(1973)

制作:1973年 アメリカ 90分
監督:マイケル・クライトン

キャスト
ユル・ブリンナー
リチャード・ベンジャミン
ジェームズ・ブローリン
アラン・オッペンハイマー
ヴィクトリア・ショー

弁護士のピーターは友人ジョンと共に、サハラ砂漠に作られた世界最大のレジャーランド“デロス”を訪れた。デロスには、すべてがコンピュータ制御された3つの架空世界が存在している。2人は3つのアトラクションの中から、アメリカ開拓時代の西部を再現した“ウエストワールド”を選択。駅馬車で西部の町に乗り込んだ2人は、人間には攻撃できないように設定されたロボットガンマンと対決するなど、架空世界を楽しむが…(スターチャンネルより引用)。

中世、古代ローマ、西部という3つのアトラクションの中で主人公が選んだのが西部。
ということで、西部が描かれています。
ドラマでは中世や古代ローマが描かれるのでしょうか?

ちらりと見えた中世は、ダウントンアビーを彷彿させるような建物が見えました。
また古代ローマではスパルタカスのイメージで古代ローマのテーマパーク体験したい(笑)。

西部では名作『荒野の七人』で演じた主人公の姿がそのまま登場します(スターチャンネルのサイトより)。
それを演じているのがユル・ブリンナーです。
ここではガンマン型ロボットなんですね。

ロボットだけに目が赤く光っているのがなんとも最初から不気味です。

体験型アトラクションといえば『新スタートレック』ではホロデッキなるものが登場します。
TNGは未来のお話なので、きっとこういうテーマパークがコンパクトになりホロデッキのようになるのでしょうね。

ホロデッキでも楽しいことばかりではありません。
時に事故が起こりますね。
ウエストワールドでも最初は楽しんでいるのですが、制御が不能になったロボットが襲ってきます。

制御不能になったガンマン型ロボットは、執拗に追ってきて撃ちまくります。
それが結構、怖いのですよね。

より見えるようにと視覚部分がグレードアップされたばかりでした。
それなので靴跡が見えてしまうのですよね。
こうして、人間を追い詰めていきます。

『ジュラシック・パーク』の原作者、マイケル・クライトンの映画監督デビュー作だそうですが、恐竜が迫り、追い詰めてくる恐怖感そのまんまです。

『ウエストワールド』特別番組を見てから鑑賞したので、とても面白く観ることができました。
続編の『未来世界』楽しみです。

ドラマ版の予告が流れるようになっても意味不明でした。
それが特番を見たら、あ~なるほどと思いました。

これも特番で知ったのですが、映画は人間視点、ドラマはアンドロイド視点なのだそうです。
ドラマ版のアンドロイド視点というアイディアを出したのがJJエイブラムズだそうです。
この視点の違いも頭に入れておくとさらに楽しめそうですね。

90分というとドラマの少し長い版くらいの尺ですが、うまくまとめられていていたと思います。
1970年代の作品ですが古さは感じられませんでした。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/22/63 9話「地上より永遠... | TOP | 未来世界 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。