海外ドラマ☆SFワールド

海外ドラマレビュー(視聴記録)Netflix,プライム・ビデオ視聴中
-Live Long and Prosper

NCIS~ネイビー犯罪捜査班3 15話「海軍猟奇事件」

2008-07-06 | NCIS
ギブスがホレイショに見えてきた日
ゲストは『インベイジョン』の神父様役のIvar Broggerさんで、弁護士さんの弁護士サイモンでした。


Head Case
海兵3名が盗んだ車のトランクに生首が入っていた。
しかし、車を盗んだだけで生首のことは知らないと言う。

生首を検死するダッキー。
ギロチンについてのウンチクを語ります。
そのことをジミー君が「博士は知識が豊富ですね」と言うのをアビーが何かリアクションします。するとジミー君の顔色が変わるんですが、これはダッキーにジミーがゴマをすったという意味だったのかな?(笑)。

盗難車の名義はエプソロン社登録の車だった。
マクギーはハッキングでこれを突き止める。
違法だがさぼるよりいいと言うギブス。でも違法だぞって(笑)。
トニーは何も見つけられなかったので自分でバンバンしてました(爆)。

軍のDNAデータからは生首は海軍大佐パーカー・ウェインであることが判明。
死因は4ヶ月前、心筋梗塞により海軍病院で死亡。
検死を担当した監察医のロス中佐によれば心臓外科医による手術の最中に亡くなり2日後に検死したという。
そのあとバージニアにあるヴァーノン葬儀場で火葬されていた。

火葬された灰を調べるため、パーカー大佐家に訪れるギブス。
骨を海に撒きたいというのが大佐の希望で、そのために火葬された。
大佐が最後に乗った巡洋艦が航海に出る日が迫っており、それまでに遺灰を返して欲しいと言う夫人。その約束をするギブスがホレイショに見えちゃった。

驚いたことにパーカー大佐の遺灰であると思っていたものはコンクリートや木片の灰で偽物であった。

パーカー大佐の火葬を担当したマーティンは火葬場に住んでいたが現在は行方不明になっていた。その住処にしていた棺の保管場所には『X-ファイル』の世界。

ブラッサードのナイフから鳥の血が発見されたてブードゥ教の生け贄になってしまったパーカー大佐だったのかと心配されたが…。

盗難車の名義だったエプソロン社の弁護士ショーン・オリバーが葬儀社から死体を買いマーティンに運ばせていたのだ。
薬学や医学の研究機関のドナー登録機関では圧倒的にドナーが足りずに、足や首だけをパーツごとに解体して売れば高値がつく。
それをショーンは売買していたのだ。
どうも、エプソロン社の法人登録されている場所が怪しかったり、オーナーが誰か最後までわからなかったはずです。

しかもショーンは弁護士だと言っていたので、弁護士が弁護士を連れてきたんだ。デニー・クレインだったら自分で弁護するだろうに(笑)。

死体をパーツごとに切断していた切り口からパーカー大佐を検死したロス中佐の仕業だと分かったり、さすがでしたけど、また海軍関係者が事件に関わっていましたね。
NCISなので海軍繋がりがあって当然ですが、検死する人がまたも関わっていたので、またーと思っちゃいました。

それで、マーティンは、ブラッサード・マーティンだと分かったんですが、やっぱり口封じに消されたんでしょうかね?

そしてギブスは約束どおりにパーカー夫人には遺灰をちゃんと返したのでした。
ますますホレイショに見えてきた



   





『ドラマ』 ジャンルのランキング
Comments (4)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙船レッド・ドワーフ号 10... | TOP | スピード・レーサー »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
局長さん (Bell)
2008-07-07 00:08:10
>そしてギブスは約束どおりにパーカー夫人には遺灰をちゃんと返したのでした。
ますますホレイショに見えてきた

CSIシリーズの3人のボス、どの人も仕事熱心で有能で誠実、ちょっと付き合い難い人(誰とはいいません)もいるけど、ホレイショの優しさというか、女性や子供に対する態度は特筆ものですよね。
子供には目線を下げてちゃんと向き合って話すし。観ていて暖かな気持ちになります。

今回、局長がとても変な顔に見えました。ヘアスタイルも似合ってなかったし。
裏から手を回して協力しているのは分かるんだけど、ギブスの上に立つほど有能には見えないです。
Unknown (モリー)
2008-07-07 22:12:53
Bellさん、CSIシリーズのボスも仕事熱心で、それぞれ個性的ですがホレイショというと、やっぱり女性や子供に優しいですよね。
ここのところギブスも女性に優しいというのを前面に出しているような気がします。

少し前のドレス姿の局長さん見ちゃったから、あまり似合ってないように見えちゃったかしら。
私自身は、局長さんに関しては有能か?とかギブスとのこととか今ひとつ掴み難いキャラです。そんな局長さんが今回、一生懸命に気配りを発揮していたように感じました。
それで、ここは男所帯的なNCISなので、女性局長にしたことで柔らかい印象にしたのではと思いました。
局長さん (josetangel)
2008-07-08 22:33:05
この間から姿を見せないなと思っていたら、この回は令状が取りにくいということに絡めて無理やり出した、という感じでしたね。
元々無理のある設定なのかも知れません。でも、今シーズンギブスが優しくなってきてるのは、やはり局長の存在のせいなのだと思います。
相手の弁護士は地区検事と取引をしたり、外国にペーパーカンパニーを持ったりと、相当のワルという印象です。人体を売買して金儲けするなんて、本当に酷いですね。
自分も死んだら身体を売ったらいいのに。
Unknown (モリー)
2008-07-09 21:51:15
josetangelさん、確かにギブスは局長さんのおかげで変わったかもしれないですね。
局長さんは出番が少なくて、このキャラなかなか馴染めないです。
今回の事件は酷かったですね。
偽の遺灰とすりかえるなんて、遺族には許せないです。
パーカー大佐の本当の遺灰が戻ったということだけが幸いでしたね。

post a comment

Recent Entries | NCIS

Similar Entries

Trackback

NCIS3 #61HeadCase (CSI:MiamiFilesAnnex)
海兵隊員が高級車を盗み、解体して売りさばいていた事件を捜査していたギブスたちは、ベンツのトランクから冷凍された人間の頭部を発見する。車はストリップクラブの駐車場に止まっていたのが盗まれており、容疑者の下士官は遺体については何も知らないと言う。DNAによっ....