mola_circus モラを楽しむ

パナマのクナ族が着ているモラ(ブラウス)は、模様がまるで絵画のようです。いっしょにモラを楽しみませんか。

国見町伊美

2016-10-17 | 雑記
国見町を訪ねたのは開催中の
「国見町ギャラリー巡り」が目的でした。

今回で三度目かな。

国見町は国東半島の最北端、姫島と連絡している伊美港のある所です。



ギャラリーの一つ「涛音寮」です。
木造の三階屋。
元は造り酒屋だった建物だそうですが、
今はギャラリーとして活用されています。







ここでは
和田木乃美さんの作る屏風が有名でよく知られています。
涛音寮が生家の和田さんの工房でもあります。
三階屋の主としては五代目だそうです。



屏風の他、手作りのオルゴールや染色家の作品なども置かれていました。


オルゴールと展示の様子

私は手入れされているこの建物が好きです。
何十畳もある広さと太い梁、三階に上がる階段は狭く急ですが、そこからは町の景色が見渡せ、伊美港のフェリー乗り場も見えます。

姫島もすぐそこです。

車窓より

海は毎日見ていますが、
この日の空と海もそれは綺麗でした。

写真は撮りきれませんでしたが、
家の軒端に見えた夕焼けが不思議な色でしばしRちゃんと見惚れました。


帰りに立ち寄った日出町の「クロワッサン」で、
水草の小さな白い花の咲く水槽に、夕日が映って光っていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オシロイバナ | トップ | 作品展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
江戸時代 (ebiten)
2016-10-17 10:16:51
おはようございます。

ギャラリー巡り、いいですね~♪
江戸時代のような雰囲気がとても素敵です。
調度品にも時代を感じますね。

屏風や手作りのオルゴール。
オルゴールが大好きなのでどんな音を
奏でるのか聞いてみたいです。

広くて高い青い空と真っ青な海が
美しいですね。
素敵な一日を過ごせましたね~

Unknown (つぶやき)
2016-10-17 11:04:01
おはようございます。

はい、伊美と姫島を地図で確認しました。地図帳を持ってないので、時刻表を見てるんですよ。ケチって小さいのを買ったから、虫眼鏡じゃないとダメなんです。
「涛音寮」は、2階、3階の屋根なんかお城みたいですね。昔は、お酒のいい匂いが漂って、杜氏さん達が忙しく出入りしていたんですね。
どの屏風も上側が流れるような線になっていて、変わった形してますね。
空と海、毎日見ていても飽きることはありませんね。
こんばんは (bamuse)
2016-10-17 23:44:18
こんばんは

「国見町ギャラリー巡り」、楽しめましたね。
「涛音寮」、昔は造り酒屋だったということですが、建物自体が見どころになっていますね。
手作り作品がいろいろ展示されていて、面白そうです。
ほかのギャラリーも、見ましたか。

空や海、本当にきれいですね。
姫島も、きれいに見えています。
水槽の白い花、もしかしたらバイカモ?
ebitenさん (chiyoe)
2016-10-18 09:20:10
おはようございます。

涛音寮の前身は、回船問屋の橋本屋という屋号で栄え、
そのおかげで百年を越す古い建物が残ったそうです。

オルゴールの音色も聞かせてもらいましたが、木の組み合わせで異なるそうです。

一枚写真を撮ってきていますので追加します。
女性の作家さんでした。
つぶやきさん (chiyoe)
2016-10-18 09:36:56
おはようございます。

涛音寮の前身は酒屋ではなく、回船問屋で、
140年前に天守閣に似た城造りの木造三階建てができたそうです。

作り酒屋時代のかつての酒蔵は、現存する建物の隣に広くあったようです。

ということはこのお屋敷は居住空間だったのでしょうか。それともお店?
地図で見ると一階は広い土間と9部屋からなり、なんと畳で60帖近くあります。
書いていてびっくり!

まあ、そういう建物です。

屏風は形もいろいろありましたが、私の写真では似たものになったようです。
bamuseさん (chiyoe)
2016-10-18 09:41:56
おはようございます。

水槽の水草はバイカモです。
よく見られる水草ですが花が咲いていました。

今回はほかのギャラリーには寄る時間が取れませんでした。
ちょっとほかごとの用事がありました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。