mola_circus モラを楽しむ

パナマのクナ族が着ているモラ(ブラウス)は、模様がまるで絵画のようです。いっしょにモラを楽しみませんか。

サークル

2016-12-28 | お気に入り
クリスマスも終わり、
モラの掛け替えをしました。

フルールの正面を飾るモラです。



もうお馴染みの「サークル」です。
2000年の「キルト日本展」で入賞し、
東京まで授賞式に参加するために出かけた
思い出深いモラです。

フルールの正面は年に何回か掛け替えをしますが、
このモラも年月を経て色あせてきました。

久しぶりに入賞作品を集めた本を開いて見ました。

16年前の私の写真は、
やっぱり16年分若いです。

今日の「初めてのモラ」同様
昔の自分をみる懐かしさがあります。

これもせっかくなので
お付き合いいただいて、「サークル Circle」に寄せた感想文を紹介します。

[モラはもともとクナ族のブラウスのサイズです。
私は大きなモラを作って、他のキルト作品とモラが並んで飾られることを夢見ました。
モチーフは大好きな魚。窓辺に掛けて、お日様にたくさんの魚が輝いて見えた時、作り終えた幸せを感じました。
これからもモラを縫い続ける気持ちを込めて"サークル"と名付けました。]

下手な文ですが、当時の気持ちのままです。

年末は、なぜかやはり来し方を振り返ってしまいます。

さあ、昔の自分を思い出し、
やっぱりこれからもモラ作りをがんばりましょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めてのモラ | トップ | 杵築の牡蠣 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私にとっても。。。 (ebiten)
2016-12-28 18:51:28
こんばんは。

この「サークル」のモラは、私にとっても
とても大切な、思い出深いモラです。

たまたまネットで何かを検索していた時に、偶然
この「サークル」のモラを見つけて実際に拝見したい!と思ったところ、偶然にもchiyoeさんの作品展がすぐにあったので駆け付けた、とても思い出深いモラです。

実際に「サークル」を拝見した時の感動は今でも忘れられません。
あれから何年経ったでしょうか。。。
ebitenさん (chiyoe)
2016-12-28 22:30:32
こんばんは。

ほんとですね。
長い年月がたちました。
でもebitenさんが来てくださったことは昨日のことのように覚えています。

つぶやきさんが手伝ってくれて嬉しかったことも、
bamuseさんが訪ねてくださったことも、、
今ある縁はこのモラのおかげです。
無題 (沈丁花)
2016-12-29 09:27:31
真っ直ぐな気持ちが伝わってきました
一つ一つの作品に沢山の想いとその時の空気が詰まった玉手箱のような気がします 
沈丁花さん (chiyoe)
2016-12-29 10:22:28
おはようございます。

コメントありがとうございます。

モラは一つ作るのにも時間がかかります。
大きな作品となるとなおさらで、その分思いは時代と重なります。

出来不出来は別にしても、
玉手箱ですか。
今までそんなこと思いもしなかったですが
そうおっしゃっていただけたことがうれしいです。
こんばんは (bamuse)
2016-12-30 21:14:38
こんばんは

これまでchiyoeさんのモラをいろいろ見せていただきましたが、私が一番心に残るモラはやはり「サークル」です。

初めての出会いは、JR高島屋の日本キルト展です。
おかげで、細々ですが今もモラを続けています。

次に出会ったのは、大阪の小早川さんの作品展と同時期に開かれていた作品展です。
chiyoeさんはもちろん、ebitennさん、つぶやきさんとの出会いがありました。

不思議な縁を感じる思いが深まったモラです。
bamuseさん (chiyoe)
2016-12-31 09:41:54
おはようございます。

そうですね。
今の私たちを繋いでくれた作品です。

あれから何度も、みんなばらばらに遠くに暮らしているのに、会ってますね。
うれしいことです。

コメントを投稿

お気に入り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。