高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

金融大恐慌!! 銀行預金が消える日!!

2017-05-17 20:10:16 | 危機です!

金融大恐慌!! あなたの銀行預金が消える日!!

 

メガバンクが、破たんする!! 日本国債が、暴落の危機!!

日銀が、債務超過に転落するとき日本経済はクラッシュするのか?

「日本国債」が大暴落すると「みずほ銀行」、「三菱UFJ銀行」が、クラッシュする!!

 

 財務省が、麻生太郎と仕掛ける「安倍晋三おろし」の血祭は「みずほ銀行」である。

 

財務省と日本銀行が組んだ量的金融緩和=国債購入政策がまさに限界に来ている。

2017年の金融政策は、日本の長期金利(10年物国債金利)のプラス0.1%をめぐる攻防が焦点になる。

金融緩和の構造は、単に日本銀行が資金を市場に供給しているわけではない。

日本銀行は市場から国債を購入して、その同額の代金を市場に供給している。

資金量の供給を増やす量的緩和は、国債の購入量を増やすことでもある。

 

 財政法第5条によって、日本銀行の財務省からの直接買入(引受)は禁止されているため、金融市場(金融機関)から間接的に購入している。

 

2016年1月に日本銀行は当座預金にマイナス金利(マイナス0.1%)を導入した。

この効き目は大きく、10年物国債の金利(長期金利)もマイナスになり、さらには20年物国債の金利もマイナスになった。

 金融機関への影響も大きかった。

 

金融機関の主たる収益の源泉は、預金を原資にした貸し出しと国債の購入だが、実際には貸し出しの方の収益性は非常に低い。

さらに、金融機関は主として20年国債を購入しており、20年物国債までがマイナス金利となってしまった。

この経営に対するマイナスインパクトは極めて大きく、とくに貸し出しが低迷する地銀・信金などで顕著だ。

 

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

       

                                                      

  

機カルシウムは、統合医療で取り扱われます。

「アトピー」対策のクリームは、都内の全身美容エステで取り扱われます。

 ナノレベルの「 ソマチット(若返りと臓器再生の万能薬)」 は、通販で取り扱われます。

病気が消えて10才若返りたい方は、FAX042-36109202まで!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

 リックして応援を宜しくお願いします!!

       

      

にほんブログ村

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

人気

ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一件落着!! 籠池泰典は「告訴... | トップ | 危機です!! 超猛毒「 PCB」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む