高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

地球深部探査船「ちきゅう」の役割とは、「人工地震」を起こすために仕掛ける小型核投下用の穴の掘削!!

2015-12-30 09:49:01 | 国家の危機

地球深部探査船「ちきゅう」の役割とは、「人工地震」を起こすために仕掛ける小型核投下用の穴の掘削!!

地球深部探査船「ちきゅう」が、問題視されて久しいが一向に官憲の調査を受けることはない!!

一時的ではあるが、アメリカの「ベくテル社」に貸与されていたが、ネット上で人工地震を起こすために海底に穴を掘削していると騒がれ他為に、今度は「笹川平和財団」へと貸与先が変更されたようですが、目的は一つでしょう・・・・・!!

日本国民が、納めた「血税」で建設した船で国民を襲うという破廉恥な所業をいつまでも放置する国家とは、如何なる国家であろうか・・・・・・!!

海溝型巨大地震への備え
-地球深部探査船「ちきゅう」の役割-

海洋研究開発機構・地球深部探査センター長◆平 朝彦

地球科学は自然災害の予測や防災にどのような貢献ができるのか。
海溝型巨大地震が発生した場合、わが国の経済と人的資源を壊滅させるかもしれない。
地球深部探査船「ちきゅう」によって震源域の掘削(ボーリング)を行えば、掘削孔を中心に高精度のリアルタイム通報観測網を敷設し、巨大災害への新たな備えを整備することができる。

このままで済むわけがない。その日は確実にやってくる。M8クラスの海溝型巨大地震はわが国経済と人的資源を壊滅させるかもしれない。地球深部探査船「ちきゅう」によって震源域の掘削(ボーリング)が可能となり、掘削孔を中心に高精度のリアルタイム通報観測網を敷設すれば、巨大災害への新たな備えを整備することができる。

スマトラ島沖地震

■図1 地球深部探査船「ちきゅう」
全長210m、約5万7,000トン。世界最高性能の掘削能力と研究機能を持つ浮かぶ研究所である。

昨年、12月26日、自宅でチャンネルを色々と替えながらテレビを見ていた時、CNNの画面に釘付けになった。それは、インドネシアでM9の地震が起こったという報道だった。アメリカ地質調査所の震源決定の位置が示されており、インド洋に津波の心配があるとのことだった。やがて画面には、次々と巨大災害を予想させるような報道が入ってきた。一方、日本のテレビ局では年末番組が流されており、まともな地震報道はまったくされていなかった。日本のテレビは、私が知るかぎりでは、CNNから遅れること少なくとも6時間後に、ようやく、「スマトラ島で地震があった、今のところ邦人に被害はないもよう」というまったく緊張感に欠けた報道がなされただけだった。

翌日から、私は、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマー、タイの大きな地図を買い込み、CNNの報道を見ながら、被害地図を作り始めた。スリランカの東海岸全域はまったくの低地帯で津波の直撃を受けたらひとたまりもないこと、ミャンマーの西海岸は多島海でおそらく無数の漁村が被害を受けたこと、などが読み取れた。ようやく日本の報道が本格化したのは、数日後であり、それでもCNNの詳しい報道とは密度がまったく異なっていた。被害地図を作り出して3日後には、地図から読み取れる被災地の人口などから推定すると、20万人以上の人命が失われたことが予想でき、人類が目の当たりにした歴史的自然災害の一つであることを確信した。

これらの情報は、海洋研究開発機構の友人である末広理事や徐博士らと共有し、機構のホームページでの津波記事の立ち上げや、その後の調査船「なつしま」の派遣へとつながった。初期の報道から、起こったことを類推し、被害の予想を立てることは、地球科学者としての現象への洞察力が問われる事態であった。

海溝型巨大地震メカニズムの解明

その、数日後、なんとも言えない無力感に襲われた。今回もまた、残念ながら、予測や防災の上で、地球科学は貢献できなかった、そのことである。それと同時に、われわれはもっともっと地球を知らなければ、との思いを強くした。

今、私たち日本国民が、最も恐れることの一つは、南海トラフから相模トラフにかけての海域における巨大地震の発生であろう。この巨大地震は、プレートの沈み込み境界で発生し、大きな津波を引き起こす。

■図2 海溝型巨大地震の観測網
掘削孔と海底ステーションを組み合わせて立体空間を常時観測する。

このタイプの地震はしばしば海溝型巨大地震と呼ばれ、スマトラ島沖地震もこのタイプに属する。

1923年の関東大震災から80年以上が過ぎ、1944年、1946年の東南海、南海地震から、約60年が経過した。巨大地震発生の日は確実に近づいている。それでは、私たちは何ができるのだろう。今、考えられる最良の地球科学的な防災へのアプローチの1つは、プレート境界を掘削(ボーリング)して、震源域の物質や状態を調べ、地震のメカニズム解明を進めるともに、掘削孔を用いた観測網を展開して、震源域の変化を連続観測することである。震源域の変化を連続観測することは、今まで困難とされてきた地震の予測を可能にするかもしれないし、さらに地震の制御技術を生み出すことも考えられる。この観測網は、実際に巨大地震が起きた時には、瞬時に発生を捉えることができるから、地震動が都市中心部に届く数10秒前に、事前に通報することも可能となる。もし、これが実用化されたら、都市防災のあり方を大きく変え、市民の生活の仕方にも大きな変化が起こるだろう。

私たちは、震源域への掘削によって、地震の科学、予測、制御、防災に大きな進歩をもたらすことができると確信している。この掘削を可能とするのが、海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」である(図1)。

「ちきゅう」は、水深2,500mの海底から7,000mの深さを掘削できる。これによってプレート境界震源域に到達可能である。海溝から陸側の斜面に図2に示したような、掘削孔観測と海底面観測ステーションをケーブルでつなぎ、さらに定期的に人工地震波を発信して、地下構造の時間変化も追跡する(能動的なトモグラフィック探査)。このような観測通知網が設置できれば、海溝型巨大地震と津波に対する高度な備えとなるであろう。「ちきゅう」は今年7月29日に完工する。新しい地震対策の第一歩が踏み出されようとしている。

  • 2005. 4. 1.
    海洋政策研究財団の通称で、下記分野にて研究活動を開始
    海洋政策、海上交通、安全保障研究、沿岸管理、海洋環境、海洋教育、海洋技術
  • 2005.11
    「21世紀の海洋政策への提言」とりまとめ
  • 2006.4
    海洋基本法研究会の事務局活動を開始
  • 2006.12
    同研究会にて「海洋政策大綱」「海洋基本法案の概要」とりまとめ
  • 2008.7
    国連経済社会理事会の特別協議資格を正式取得
  • 2013.4
    一般財団法人シップ・アンド・オーシャン財団に移行
  • 2014.7
    第7回海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)受賞
  • 2015.4
    公益財団法人笹川平和財団と合併・笹川平和財団海洋政策研究所として活動を開始

相変わらず!! 

2015.12.29_15.00-18.00.Unit1side <iframe src="http://www.youtube.com/embed/D1gLvAHQJuM?feature=player_embedded" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>

2015.12.29_15.00-18.00.Unit4side <iframe src="http://www.youtube.com/embed/l55C0lC15LM?feature=player_embedded" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>

2015.12.29_18.00-21.00.Unit1side <iframe src="http://www.youtube.com/embed/J9s9xp_FAB8?feature=player_embedded" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>

世界が驚く・驚異の治療ドーム

 

 放射能による障害も、大幅に改善します!!

 現代の癌治療が間違っていることを証明する!!

 認知症、アルツハイマー、精神疾患にも対応できます!!

私は、経絡気場調整師だから量子波やコラソン・スペクトル・シートで経絡調整をして、癌や難病を治療します!! お問い合わせは、FAX042-361-9202  携帯 090-2564-1417 

驚異の経絡気場調整師が、続々と誕生しています!!

貴方も、経絡気場調整師となり人類に貢献しませんか!!

「貴方の健康は、私たち経絡気場調整師がお守りします!!」

経絡の調整でや、成人病、認知症、特定疾患が治ります!!

気経絡に、驚くべき秘密が隠されていた!!

 

原子状有機炭素とは

原子状有機炭素は、発見してから10年以上たちます。

また特許をとるのに7年かかりました。

従来の元素NO14の炭素ではなく元素NOゼロのエネルギー体という主張は認められず

原子状炭素(AtmicCarbon・AC)として、各国に登録されました。

C-C-Cという、非結晶構造で大きさは0.16nm(原子サイズ)。

様々な性質を持ちます。

水に溶け、電気を通さず、Csを含むあらゆる金属吸着性を持ち、アンモニア臭を消し、界面活性力を持ち、自ら微細酵素となり、抗酸化力を持つ(不思議な新物質)であります。

そして、ACは、ダークマターという結論に至ったのです。

AC一酵素−アミノ酸−タンパク質(細胞の創造)のプロセスも、同じです。

応用化学があらゆることを物質でコントロールした結果、(無機化合物)と(酸化)による弊害は、いまや人類の生存生の危機を定義しましたが、ACという、(超有機物)と(還元力)で、それを解決し新人類として生存できるようになりました。

1)医療と製薬

・60兆の人体細胞と100兆以上のバクテリア、そして酵素の作る化合物が超有機体の中で共生しています。1年に4kgを体内に摂り入れますと無機化合物の酸化を還元して、吸着しデトックスしてくれます。

・脆弱組織の細胞の機能再生し、発生した悪性のウイルスを酸化還元します。 

・AC水の超微細粒子は、血液から体中に行き渡り、ナノサイズの薬品微細金属や、ウイルスを還元します。

・ACという有機物は医療、製薬の、考え方を変えてしまいます。

(癌からの回復)(ウイルスの消滅)(デトックス)(細胞の再生と機能回復)を実証。

2)遠赤外線癌治療機

・有機物からしか出ない波長7〜20μmの熱赤外線を放出し人体を通り抜ける時にがん細胞を42度以上で消滅させる。

・がん細胞の縮小は実証済み。

3)農業

・人体同様、生産物・畜産を自然免疫体質にする。

・化学肥料土壌を分解し、酸性雨時も、絶えず弱アルカリ性の土壌を保持して、菌根菌を増やす。

・畜産生物に飲ませて、体質改善し畜産物の品質を上げるとともに、1ヶ月で完熟堆肥をつくり、土壌に利用する。

・ACを使った大型自然農法は生産コスト一期間・量・味覚だけでなく、人間の食の安全と体質改善に有機性貢献する。

4)ACから結晶構造の炭素に変化

・グラファイトから製造しているグラフェンを、ACを結晶化することで、量産可能。

・より高熱結晶化することで、ダイヤモンド粒子の量産ができる。

・金属の溶融温度でACを混入すると新金属を製造できる。

5)放射能汚染物質のCSを一切飛散することなく減容

・日本の環境省の実証事業で成功している。

・使用済み燃料棒の処理は、可能。

6)スタッフ細胞の培養の可能性

 ・白樺の樹脂から、白樺の葉を再生した。

・ACから、KとCaを、発生した。

・AC水中でタンパク質に培養された。

経絡を量子波や、アトミック・カーボンで調整すれば、ソマチッドやミトコンドリアが劇的に活性化し、人体の免疫力を急激に増幅させます。

驚異のコラソン・スペクトル・シート

45度の熱を発生させて、身体を貫通させますが、その結果として45度の熱に耐えられない細胞は100%死滅してしまいます!!

セミナー会場の波動を変えていますので、ご体感ください!

 希望者には、波動を入れますが念動力を体感したい方は、お申し出ください!

 目の前で、ご覧に成れます!!

 また遠隔でも、色々なことができますのでご相談ください!

無料!!  遠隔治療者急増!!

   売国奴たちが、国民の資産をかすめ取るために「マイナンバー制」を合法化しました!!

 弱者や、資産家の資産を狙う破廉恥な売国奴たち!!

 貴方は、真実を知る!!

  1.真実の日本国の現状は、アメリカの占領下であり植民地である!

 2.真実の政界のカラクリ! 各党は、裏ではみな同じ!

 3.真実の福島第一原発の現状は、最悪!

 4.54基の原発の現状は、深刻です!

 5.関東圏の真実の放射能値は、劣悪です女子供は非難せよ!

 6.愛国者、鳩山友紀夫こそ日本を変える唯一の男!

  何があろうとも、鳩山友紀夫!!

 7.新たなる政治の流れは、若者から・・・!!

 8.まずは生存するために、自給自足を始めてください!! 

   農業こそが生存への道の第一歩!!

 〜月に3万円で生活できる町を国内に作ります!!

 このセミナーでは、量子空間を作りますので何人でも健康になります・・・・・!!

 個人差はありますが、量子空間で貴方は不思議な体験をします!!

 いい加減な占いや、統計学ではなく自分の人生(未来)を自分で知ることのできる特殊で簡単な方法を会場にて教えます! 

 「百聞は一見に如かず!!」

 「今が、貴方が変革するチャンスです!!」

高山長房セミナーは、今すぐこちら↓ http://takayamanagafusa.com/seminar

   国民が想像することもできない恥辱的な結果が、日本国土を襲います!!

  新たなる統括管理者たちが、日本に進駐しますが貴方は耐えられますか?

 驚異の「アトミックカーボン水」が、有機炭素水が、貴方の健康を取り戻します!!

 希望者は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

 当日、会場に持参します。

 セミナー会場にて「遠隔治療」(無料)希望者の申し込みを受け付けしています!!

 量子空間とは、あの世のこと!!

 2016年は、「ザ・レプティリアンシリーズ」

 新春第一弾 「惑星の真の支配者」

 このことを語らずして、人類を語れません!!

 

 加盟店希望者は、FAX042-368-0788までFAXにてご連絡ください!

加盟金や、ロイヤルティーはありません!!

素人の方でも、簡単に開業できます!!

貴方の町の「治し屋」です!!

 

出雲の御神光に、守られた景勝の地で豊かにお暮し頂けます!!

量子線治療体制も、整っていますので特定疾患や、成人病や、放射能対策も完全です!! 安心して暮らせます!! 

シェアゃ、拡散はご自由に!!

 貴方のクリックの応援を希望します!! 

 貴方のクリックの応援を希望します!! 

 貴方のクリックの応援を希望します!! 

ランキングに参加中!!

皆様のご支援をお願いします!

クリックして応援お願いします!

 

 

 

ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の総理大臣は、巧妙に仕組ま... | トップ | 大麻吸引は、「死と向き合った者... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む