akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

第3回霧笛楼活弁公演

2007-06-10 | 活弁
横浜元町の仏蘭西料亭霧笛楼での活弁と料理の会も、昨日、3回目を迎えました。
いらして下さった皆様、そして霧笛楼の皆様、本当にありがとうございます。

しっとりと落ち着いた雰囲気の霧笛楼での公演は、毎回、洋画の名作をチョイスしていただいております。今回の『サンライズ』(27)も、当時「アメリカ無声映画史上、最後の傑作であり芸術作品」と高く評価された作品です。
原作が、『肉体と悪魔』と同じく、ヘルマン・ズーデルマン。彼の筋は、キリスト教的貞操観念が強く、いたってシンプル。それを芸術作品にしているのは、やはり、監督ムルナウと、第一回アカデミー賞撮影賞をとったカメラの力、そしてジャネット・ゲイナ-、ジョージ・オブライエンらの演技です。

おそらくこの作品は、女性の方が共感できるものだと思うのですが、やはり、終了後、「また泣いてしまいました」と仰る女性が何人かおりました。「都内まで出向けないからこの霧笛楼公演が楽しみで」と仰るお客様もいらして嬉しく思います。
前回私が『サンライズ』を語ったのは2年くらい前だったか…。台本もずいぶん変わりました。そして、永田雅代さんのグランドピアノとキーボードの演奏がとにかく素敵でした。

昼前のリハーサルの時は、雷、どしゃぶりで、「嵐のシーンの効果音、いらないかもね」などと笑いつつ、いらっしゃるお客様が大変だなと心配していたのですが、公演前には雨も上がり、ほっといたしました。この映画の物語に合わせたかのような「嵐の後の幸せ」。お天気にも感謝でした。

その後の季節のお料理がまたいつも大好評。私たちはいつも、リハーサル後、本番前にお食事をいただくのですが、本当に、盛り付けも美しく、味も上品で美味しいのです。
元町散策の際は、霧笛楼でのお食事をオススメします。

また御会いできます日を楽しみにしております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「幕末渡世異聞~月太郎流れ... | トップ | 『明け行く空』花咲爺の集いi... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すべてよかったですよ!! (初元町)
2007-06-14 09:47:11
先日はお疲れ様でした。よかったですよ!!『サンライズ』の弁士役になりきっており、退屈させずに最後まであっという間でした…。
元町はキレイな街ですね。レストランも素晴らしく、また料理がおいしく、食べきれないほどの量でした。
8000円は少し高いのかなと思って行ったのですが、全然!何もかもよかったです。8000円は安いです。
また時間をつくって伺いますね。
楽しかった! (YNA)
2007-06-14 15:59:34
行こう行こうと思いながらなかなか行けず、今回初めて観ましたが、本当に感動して涙が出ました。
また、お食事も、こってりしすぎず、どれもとてもおいしくて、ボリュームもあり、大満足でした。
終了後は山下公園で大道芸を見て、クルーズに乗って、横浜を満喫した一日でした。ありがとう。頑張って下さいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。