akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

活弁ワークショップ公演大盛況。

2007-07-22 | 活弁
22日は<活弁サマーフェスティバル>。私が僭越ながら講師を務め、1年間やってきた活弁ワークショップの発表公演でした。
7人の弁士たちとともににぎやかでとても楽しい公演となりました。7月は、プログラムを作ったり、月一回の稽古以外に参加者の皆さんが忙しい中を自主的に何度か集まって練習をしたり、公演に向かってぐぐっとチームワークも高まって、皆さん予想以上の力を発揮して下さいました。出演した皆さん、お疲れさまでした。
いらして下さった皆様、手伝って下さった皆様、北区の財団の方々、多くの皆さんのおかげで開催できた公演です。本当にありがとうございました。

1つのシーンを数パターンの活弁で楽しむというコーナーの評判がとてもよかったです。司会&第二部のリーダーを務めた山越美樹さんはこれを名付けて「ノーヒント活弁」と。あるシーンだけ切り取って、そのシーンの前後や元のストーリーを無視すると、ホットペッパーや銀行のCMでやっているように、どんなセリフもつけられます。
毎回のワークショップで、1シーンを参加者それぞれに台本を作って語っていただいて来ましたが、ストーリーに添ってセリフや語りを入れる王道派から、字幕もまったく無視して新たなシチュエーションとストーリーを作ってしまう破天荒派がいて、今回はその両方を、山越さん中心に声色掛け合い説明を交えて披露し「活弁が変われば同じ映像シーンもこんなに変わる」事をご覧いただきました。

8月からまた第二期のワークショップがスタートとなります。どなたでも参加できます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
 
   活弁ワークショップ公演<活弁サマーフェスティバル>  7月22日
               会場 北とぴあプラネタリウムホール

<第一部>  一人一作品
   ☆のらくろ二等兵 教練の巻        坂本憲司
   ☆のらくろ二等兵 演習の巻        井上優子
   ☆続水戸黄門漫遊記            小林勝次
   ☆チビッコギャング ドッグデイズ     砂川和子
   ☆チビッコギャング モンキービジネス   武藤裕介
   ☆ラリーのスピーディ           古賀義明
              
<第二部>
“活弁変わればこんなに変わる”     山越美樹&All stars
   ☆邦画『ほととぎす』の冒頭シーン     山越美樹
     邦画『ほととぎす』のワンシーン    3パターン  
     洋画『結婚哲学』のワンシーン     3パターン

<第三部>
   『瞼の母』(短縮版)      活動弁士 佐々木亜希子
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどもたちの活弁教室 | トップ | 柏崎原発共同声明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。