akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

六本木ヒルズアリーナ公演

2007-04-06 | 活弁
六本木ヒルズ春祭り「笑いの断面図―『サイレントシネマLIVE~喜劇を創った男達~』」の一つとして、三大喜劇王の短篇を3本、語らせていただきました。
『チャップリンの移民』『キートンの鍛冶屋』『豪勇ロイド』。
六本木ヒルズのアリーナで公演できるなんて嬉しいことです。
大きな特設ステージとスクリーンで、FEBOの小沢あきさん、永田雅代さんの生演奏付き。
4月といってもまだ寒い。
スタッフの皆さんにも、ホッカイロをいただいたり、とてもよくしていただきました。
そんな中、御覧下さった皆さん、ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高松e-とぴあの春祭り | トップ | カフェスロー『半農半X 春の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。