akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『パンドラの箱』活弁上映会

2009-05-16 | 活弁
15日のシネマヴェーラ渋谷での活弁上映会、誠にありがとうございました。

今回はG.W.パプスト監督の『パンドラの箱』をお送りしました。原作は、ドイツのフランク・ヴェデキントの戯曲ルル・2部作『地霊』『パンドラの箱』。ヴェデキントは、現在劇団四季が上演中のブロードウェイ・ミュージカル『春のめざめ』の原作者でもあります。

G.W.パプスト監督は、舞台のシーン構成を活かし、132分という作品に、ギリシャ神話、キリスト教的価値観、社会や人間への痛烈な風刺を盛り込んで、美しい映像に仕上げています。原作のルルより、無邪気で子どものように無垢で奔放なルイーズ・ブルックスのルルの存在感が、この作品を独特の魅力あるものにしています。

上映下さったシネマヴェーラ渋谷と一番前で楽しんで下さった館主内藤篤氏、いらして下さったお客様皆さまにお礼を申し上げます!次回のシネマヴェーラ渋谷活弁上映会は6月12日(金)、マキノ正博監督の『浪人街』をお送りします。11:00~と20:40~の2回公演。ぜひ足をお運びくださいませ。

シネマヴェーラ渋谷活弁上映会
 日時:6月12日(金)11:00~、20:40~
 作品:マキノ正博監督『浪人街』
 弁士:佐々木亜希子
 料金:一般1,800円、会員・シニア1,500円、学生1,200円

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Wonderful Worldゲスト出演 | トップ | スラムドッグ$ミリオネア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。