akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

とよはしまちなかスロータウン映画祭

2008-11-10 | 活弁
第7回とよはしまちなかスロータウン映画祭(11月1日~23日)にお招きいただき、9日(日)、チャップリン特集『街の灯』と『キッド』の活弁口演をさせていただきました。

着いてまず、今回のスポンサーであるオーギヤグループのスパゲッ亭チャオ本店でランチ。「チャップリンセット(復刻版トンカツスパ・コールスローサラダ・茶ップリン)」で満腹。

それから、会場になっている豊橋グランドホテル名豊ビルの5階スロータウンギャラリーを拝見。しねとろ倶楽部主宰の佐々木順一郎さんのコレクションを中心に、ポスターやスチール写真などがずらり。浜松の井上富雄さんの絵看板や映画館の歴史資料も展示され、ワクワクすると同時に体がとても熱くなるのを感じました。

公演には200人を超えるお客様が来て下さり、温かい雰囲気でご覧下さいました。
活弁するのが久し振りの『街の灯』と『キッド』。尊敬するチャップリンの名作を語らせていただけて本当に光栄でした。
普段から私は「活弁は4世代が一緒に楽しめるエンターテインメント」と思っているのですが、女学生時代に修学旅行先の九州で『街の灯』を観たという94歳のおばあちゃまと、9歳のひ孫さんが一緒にご覧になり、とても楽しんで下さった事を聞き、本当に嬉しく思いました。

この日は豊橋市長選挙。結局4期目に立候補した社会党系の現職を破り、自民の新人が「Change!」を訴えて意外な圧勝となりました。アメリカ大統領選や国内の選挙モードなど、選挙への関心が少し高まっているからか、投票率は15%アップだったとか。

このとよはしまちなかスロータウン映画祭は、行政に全く頼らない市民運営の映画祭。市役所の方々も映画好きな一市民として、ボランティアでスタッフ参加しています。皆さん、市長選の結果を気にしつつも、映画祭に終了後の交流会にと、非常にパワフルに楽しんでいらっしゃいました。

映画祭の皆様に心より感謝申し上げます。
酒田の映画ファンの皆さんとの交流会などが実現したら楽しそうだなあなどと盛り上がり、夢を膨らませて帰途に着きました。とよはしまちなかスロータウン映画祭のますますのご発展を願っております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4回倉敷市児島公演 | トップ | 赤れんが図書館講演 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-11-17 12:18:58
先日拝見しました。とても楽しかったです。
活弁がつくとまた印象が違って面白いですね。
また楽しみにしています
1月に名古屋で (akiko)
2008-11-19 13:11:13
また公演させていただきます。
2009年1月18日(日)
上演作品/小津安二郎監督『大学は出たけれど』『落第はしたけれど』
会場/愛知県名古屋市中村文化小劇場 
開演/14:30(開場14:00)
入場料/500円(全席自由)
主催/(財)名古屋市文化振興事業団
です。ぜひまたいらして下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。