akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

酒田フィルハーモニー管弦楽団

2009-03-01 | 映画・芸術・エンターテインメント
第32回ファミリーコンサート、お子さん連れの方々もたくさん来場下さり、盛況のうちに終了いたしました。「ピーターと狼」の語りでソリストとしてお招きいただき、本当に楽しいコンサートを経験させていただきました。酒フィルの方々のご要望もあり、おじいさんだけ庄内弁にしてみましたが、喜んでもらえて嬉しかったです。難易度の高い演奏曲らしいですが、皆さんさすがの演奏でした。本当にありがとうございました。

第二部は司会を務め、指揮者体験コーナーでは3歳8歳26歳の3人のかわいい指揮者さんが、「のだめカンタービレ」でお馴染みのベートーベン交響曲第7番第1楽章を指揮。堂々とした3人と、緩急激しい指揮に翻弄される楽団の姿に会場は大笑いでした。

ロシアの作曲家アレクサンドル・ボロディンの「未完成」交響曲第3番イ短調と、フランツ・シューベルトの「未完成」交響曲第7番ロ短調も、とても素敵で舞台袖で聴きほれました。個人的には、まるで宮崎駿さんの作品世界を彷彿とさせるボロディンの「未完成」の方が好きです。

「おくりびと」テーマ曲の編曲をした方も楽団内にいらっしゃり、受賞記念にさわりをサプライズ演奏。会場の中にもエキストラ出演なさった方が何人かいました。

酒田フィルハーモニーの公演への出演は11年ぶりです。NHK山形時代に「くるみ割り人形」を語らせて頂いたのがとても懐かしく思い出されました。

会場いっぱいのお客様とともに、素敵な時間を過ごさせていただき、本当に感謝申し上げます。酒田フィルハーモニー管弦楽団の皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。

3月20日には、酒田市平田のひらたタウンセンターシアターOZで活弁公演をさせていただきます。
19時から、小津安二郎監督作品『東京の合唱』。入場無料です。
ぜひお越しくださいませ。
ジャンル:
モブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日のリハーサル | トップ | やぐちひとり(C)#97 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エキストラ (ぱたた)
2009-03-03 19:09:28
私の両親も撮影時、鶴岡から観客として現場にいたようです。
コンマ何秒かで映ったかは分かりませんが。。
いずれにしても3/1の会は素晴らしい催しのようですね。
今更ながら行けば良かったです。
Unknown (Unknown)
2009-03-04 07:33:40
先日は酒フィルへの出演ありがとうございました
お客さんはもちろんですが、演奏した私たちも本当に楽しんだコンサートでした
佐々木さんの素敵な声に癒されました。
3月20日の活弁公演も是非是非お邪魔させて頂きます。活弁映画は観たことがないのでとても楽しみです。
ありがとうございます (akiko)
2009-03-04 12:21:54
酒田フィルハーモニーの皆さんには本当にお世話になり、素晴らしい経験をさせていただいて感謝しています。昨年は希望ホールでオペラ「ラ・ボエーム」の公演をしたとか、私も伺いたかったです。
今後ますます、活動が広がっていきますよう、発展をお祈り申し上げます。

>ぱたたさん
御両親、「おくりびと」に映っていらしたかもしれませんね。私は、近々もう一度映画館の大きなスクリーンで観ておこうと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。