akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

指宿公演

2008-09-28 | 活弁
27日(土)、鹿児島県指宿市で【学生(子ども)映画祭実行委員会presents無声映画上映会】を開催いただきました。
12月に行われる第二回学生(子ども)映画祭のプレイベントとして、第一部で第一回映画祭のこどもたちの入選作品を上映。第二部で無声映画上映会、第三部で鹿児島大学の学生たちの映像作品を上映という丸一日のプログラム。

無声映画上映会では『明け行く空』『ドタバタ撮影所』『月世界旅行』を活弁上演、年輩の方々とともに、こどもたち学生たちにも観ていただくことができました。『明け行く空』は昨年の新潟での上映をご覧下さった市長の希望で上演となったのですが、昭和初期の情景や人間模様がやはり同世代の方々の琴線に触れたようで会場のあちらこちらからすすり泣きが聞こえました。こうした機会でもなければなかなかご覧いただけない隠れた良作ですので、とても嬉しくありがたい公演でした。喜劇で笑ってくれていた子どもたち、今後の表現活動のヒントになったらと思います。

鹿児島は只今「篤姫」に沸いておりまして、会場のなのはな館もちょうど篤姫展の真っ最中、にぎやかでありました。慌ただしいスケジュールながらも、少し涼しくなった南薩の空気、景色、新しくできた薩摩伝承館、砂むし温泉などを満喫し帰途につきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐藤真監督回顧特集上映 | トップ | 栃木市蔵の街かど映画祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。