akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

シネマヴェーラ渋谷『散り行く花』

2008-06-27 | 活弁
シネマヴェーラ渋谷で、3回目となる活弁上映会を催していただきました。2月に引き続き、D・W・グリフィス監督、リリアン・ギッシュ主演作の『散り行く花』。
19時からと20時半からの2回公演でしたが、多少1回目と2回目の語りを変えました。

毎回、台本は見直し書き直すわけですが、その場の観客の雰囲気で入れるか入れないか、どう表現するか決めようと思って宙ぶらりんにしておく部分がけっこうあります。今回はその部分がとてもたくさんありまして。
映画を中心に観たい人にとっては語りが過多に感じるかもしれず、活弁を聴きなれている人にとってはずいぶんそぎ落としているなあと思うかもしれず。

前回の『世界の心』と違って、時代そのものが主人公のような大作ではなく単純なストーリーの悲劇ですし、映像がゆっくりと流れ、しかも表情のクローズアップ等が多様されていてわかりやすい「抒情詩」のような映像作品。父親の暴力に耐える可哀そうな少女と、彼に想いを寄せる異国の挫折青年のはかない物語。

1回目は多少迷いつつだったのですが、終了後の「怖かった…活弁で語るの難しい作品だと思うけど、無声のままで観た時より断然面白かったよ!」という言葉に、2回目はとても安心して口演できました。
館主の内藤さんも「いやぁ面白かったですよ、僕は全然違和感なかったなあ」と仰って下さり、とりあえずは胸をなでおろしました。

ありがとうございました。吉田喜重レトロスペクティブは7月11日まで開催中です。私もあと2~3回は足を運ぶと思います。

次回のシネマヴェーラでの活弁上映会は8月か9月にとのこと、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加