akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

ひらたタウンセンター公演

2008-03-21 | 活弁
20日、酒田市ひらたタウンセンターシアターOZで、ハロルド・ロイド主演の1923年『要心無用』を活弁上演させていただきました。
当日の直前まで迷いましたが、アドリブを含め田舎でのシーン等に庄内弁を使いました。ミルドレッド・デイビス演じるヒロイン田舎の箱入り娘は終始ちょっとかわいい庄内弁。思った以上に自然だったらしく、ウケていてよかったです。小学生の笑い声が響いていて嬉しかったのですが、もっと親子連れでたくさん来て頂きたかったなと正直なところです。親子で楽しめる演目を選んで頂いたのですし。

山形切っての映画通パーソナリティ、シネマライターの荒井幸博さんがわざわざ鑑賞にいらして下さり、主催者の皆さんと荒井さんと共に、終了後の懇親会は映画&音楽談義に花が咲きました。
いらして下さった皆様、ありがとうございました。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加