akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

リハ×2+LOVE FM

2006-09-27 | 活弁
忙しい一日でした。

10月7日の新潟県上越市高田での生演奏活弁上映会のリハーサル、打ち合わせをしました。
梅山さんを中心に、地元の8人編成のブラスバンドとともに『セブンチャンス』を上演します。ドラム等も入りかなり豪華なステージになりそうです!高田日活、非常に楽しみです。

◆10/7(土)新潟県上越市高田<活弁シネマライブ@高田日活>
『セブンチャンス』『子宝騒動』
会場:高田日活
18:00開場 18:30開演
生演奏:ザ・ブリリアント・ブラス
料金:前売り2000円
http://www.officebflat.jp/

その後、10月4日(水)の『第七天国』のリハーサル。
永田雅代さんのピアノ演奏で、2時間の作品を通しリハ。永田さんさすがです。素敵な演奏!!
それにしてもなんて贅沢なんでしょう!仏蘭西料亭で、コースメニューの後、この名作のピアノ生演奏、活弁上映。お食事に満足して眠くならないように、ゆっくりしっかり、映画まで楽しんでいただきたいと思います。

◆10/4(水)横浜・元町霧笛楼Presents 
<秋の味覚と佐々木亜希子の活弁シネマライブ『第七天国』>
会場:仏蘭西料亭 霧笛楼(横浜元町)17時受付開始 
17時30分からお食事開始  19時15分から上映(終演21時30分の予定)
弁士:佐々木亜希子 音楽:永田雅代(ピアノ)
料金:8,000円(お食事付) 問い合わせ:霧笛楼(045-681-2926)
http://www.mutekiro.com/new.html

そして、その後、六本木のスタジオからLOVE FM(福岡を中心に、山口県南部から佐賀、長崎、熊本、大分)に生出演させていただきました。22時~24時(生放送)のELAN VITAL エラン・ヴィタールという番組。23:00~23:45の出演だったのですが、ナヴィゲーターのロバート・ハリスさんは柔らかい雰囲気で、とても話しやすかった!彼は大の映画好き、黒澤監督や小津監督の作品の字幕英訳をしていたということもあって、話は尽きず。急遽やることになったラジオ活弁にもとても面白がっていろいろとコメントして下さり、和やかなコーナーとなりました。
しかし、私の話癖はなんとかならないものかと、自らは反省しきりです。情けない。
毎回、後から聴くと、自分で泣き笑いしながらたくさんツッコミを入れてしまいます。これだけ人前でしゃべっていながら、いまだに人前でしゃべるのが恥ずかしいんですからね…。
「活弁」は全然別なんですが。

そんなわけで、下記のイベント、福岡近郊の方はぜひいらして下さい。本日の『セブンチャンス』の続きを。
◆九州国立博物館開館一周年記念イベント
<第一回 サイレントシネマミュージアム>
活弁上演作品『血煙高田馬場』『チャップリンの冒険』『セブンチャンス』
場所:九州国立博物館ミュージアムホール
時間:12:00~ 15:00~の二回
料金:前売り1500円 当日1800円 全席自由 小学生以下無料
http://www.mokuren.gr.jp/061001.pdf

午前中は僭越ながら秋山先生の告別式へ参列させていただきました。
東京電力主催の紙芝居コンクールに出演し自作紙芝居で審査員の秋山さんに賞をいただいたことや、秋山さんの紙芝居に湧いた渋谷gabowlライブ、また「他国からの留学生たちにも街頭紙芝居という日本の文化、秋山さんの芸に触れてもらいたい」とお願いし大好評だった国際交流フェスティバルでの紙芝居ステージ等、様々なことが思い出されました。
大病を何度もくり返しながら頑張ってこられた秋山さん。私自身は何もできませんでしたが、晩年の秋山さんにとって、彼の功績や芸、心を受け継ぐ方々が周囲にいたことが、何よりの支えであり、喜びだっただろうと思います。
私も、多少でも恩に報いるよう、教えて頂いたことを大切にしていかなくてはと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加