akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

茅ヶ崎市民文化会館公演

2006-06-23 | 活弁
21日の「佐々木亜希子の活弁シネマライブ」、誠にありがとうございました。
たくさんのお客さまに御来場賜り、感謝申し上げます。

小津安二郎監督の昭和4年の作品『大学は出たけれど』(短縮版)と、小津監督が傾倒していたエルンスト・ルビッチの『結婚哲学』を、FEBOの生演奏と佐々木の語りで。もう一つ、映画草創期のリュミエール実写集をFEBOの演奏に乗せて御覧いただきました。
FEBOの演奏、いつもながら映像にマッチしていてとても素敵でした。私も語りやすいんですよね。また、語っている最中に聞こえてくる会場の皆さんの笑い声。これによって、「語り、演じている私」も含めみんなで観るその映画がどんどん面白くなっていきます。やっぱり大きなスクリーンで、みんなで名作を鑑賞するというのはいいですよね。
何度も同じ作品に足を運んで下さる方、大勢で駆け付けて下さった方、初めて観て感激して下さった方、本当にありがたく思います。
(開演時間が遅れました事を深くお詫び申し上げます)

今回の公演開催にあたりましては、(社)神奈川県映画教育協会、(財)茅ヶ崎市文化振興財団、茅ヶ崎館を初め、茅ヶ崎の文化を担う多くの方々に御協力、御尽力いただきました。パンフレットの御協賛にも心より御礼申し上げます。
湘南ちがさき屋
(株)洋建築企画
(有)プリムローズ 湘南企画工芸
湘南唯一の蔵元 熊澤酒造株式会社
クラフトショップ ギャラリースペース俊
絵画修復・美術表装 辰巳堂
お弁当・お届け料理「ちがさき濱田屋」旬菜・酒「花はん」
旬の会席・宿 茅ヶ崎館
(株)テクノコア

小津映画は「シナリオが出来上がれば、映画は八割方出来たのと同じ」だったといいます。『晩春』『麦秋』『東京物語』といった名作のシナリオが生まれたのは、この土地があり、共に創造する人々がいたからこそです。海が近く、潮風が心地よく、温暖で、居心地のいい宿があり、いい仲間がいる。「脚本を書いている時が一番楽しい」と言っていた監督が、長年にわたってここを大切にしたのがわかります。
小津安二郎監督を初めとする多くの映画人が愛した茅ヶ崎の地で、こうして活弁公演をさせていただけることを、有り難く、光栄に思います。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加