木浦鉱山のすみつけ祭りの舞台裏

大分県佐伯市ではなく、大分県宇目町に伝わる奇祭の準備の様子などをご紹介します。
非公式なので、真に受けないでください。

もう、止めたいです。

2017年06月19日 | 日記
 この10年間、みんなで頑張ってきました

 平成18年2月に行われる予定の祭が、地元の方々の高齢化によって中止されました。
 平成19年の秋に事務局長ミッチーの声掛けで若手が集まり、平成20年2月に祭を再開しました。
 それ以降、若手を中心に隔年で計5回祭を行ってきました。
 木浦の先輩方が元気でいる限り、もしくは祭をしてほしいと望む限り続けようと、仲間で意思統一して頑張ってきたつもりです。 


 最近、ふと一人で考えることが多くなりました。
 10年前と比べたら、木浦の特に男性が減りました。
 また、自分で思うように動ける人も、男女問わず減ってきているように感じます。

 10年一昔。
 もしかしたら、祭の継続が木浦鉱山区にとって苦痛になってはいないか?
 我々は、諸先輩方が自然減していく中で、これまでどおりの祭を行うことができるのか?
 事務局長ミッチーに、晩酌をする度この不安を電話で相談してしまいます。

 以前は、私を落馬させて私のことを容赦なく引き廻していた馬が、最近では勢いもなく、きちんと停止線の前で一旦停止をするような夢を見るようになりました。
 近い将来、マッキーの慎ましやかな楽しみが、なくなってしまうかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かなり頭にきました | トップ | 久しぶりの同窓会 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レブル)
2017-06-20 21:07:20
区民全員に賛否の決をとったらどうなるんやろなぁ。。。

草刈機はないけど、7/9はヤル気だけ持参して参加して良いすか。。
草刈り機あります (クチョウ)
2017-06-22 23:34:42
新品のチップソーを装着し40Lの混合燃料を準備して満タンにしてお待ちしています。2本の手とやる気があれば、無理をせずゆっくり安全に作業を手伝っていただければ、11時頃には終わり、公民館で、木浦名水館の美味しい「唐揚げ」で直会にも参加していただけます。
Unknown (mokupo)
2017-06-23 00:09:06
ク鳥様
唐揚げ食いながら、4年後をを語り合いましょう。

レブル様
ぜひ参加して頂いて、実情を感じて頂けたら有難いです。
草刈機はご心配なく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。