木浦鉱山のすみつけ祭りの舞台裏

大分県佐伯市ではなく、大分県宇目町に伝わる奇祭の準備の様子などをご紹介します。
非公式なので、真に受けないでください。

気が付けば・・・

2017年03月15日 | 日記
 もうすでに3月です。
 以前、大分県担当者様のお勧めで「ふるさとイベント大賞」なるものにエントリーしていました。

 当祭はイベントではないので、なじまないのでは?とご担当者様と話をする中「絶対、魅力があります」とそそのかされ、エントリーしていました。
 気が付けば3月。

 このコンテストの主催者HPを確認したところ、すでに結果の発表が行われていました。
 結果は・・・、箸にも棒にも引っかかっていませんでした。

 こんなもんだろうと、最初から思っていました。
 これまでの経験上、行政から勧められるアイデアはなかなか実ることはございません。

 まぁこれで、いくら本祭が奇祭として認められていても、あくまでもイベントではなく、れっきとした行事であることの再認識をさせて頂いた良い勉強となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山々詐欺 | トップ | 木浦の重鎮「先生」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。