木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1663 北アルプスの恵み満喫(6)大王わさび農場

2017-09-07 08:00:00 | 旅行記

  高校時代の仲良し三人で.長野県北西部、北アルプスの東側山麓を計画の無い自由気ままの旅をしている。 今回はその道中近辺にある、これぞアルプスの恩恵と思われる、わさび農場に立ち寄ってみた。 来てみると観光バスも多数来ており、多くの人で賑わっていた。

  

「大王わさび農場」

     安曇野市穂高1692 

       入場料、駐車料 無料 

 北アルプスからの湧き水を利用した安曇野わさび田湧水群の一角にある、日本最大規模のわさび園であり、年間約120万人が訪れる安曇野随一の観光スポットである。雑草の生い茂る原野を20年の歳月をかけ完成させた。「大王」は敷地内にある大王神社に由来し、この神社は民話に登場する八面大王の胴体が埋葬されているとされる。わさび田に引かれる湧水は一日12万トンで、水温は年間通して12℃。収穫は年間通して行われる。直射日光に弱い為、4月から9月末まで黒い寒冷紗でわさび田を覆う。   (ウイキペディアによる)

 

 「 蓼川の支流 」

この豊かな水量を誇る清流がわさびを育てているようだ。 

 「水車小屋」

 

 

土ではなく、小石混じりの砂利で育つとは知らなんだ!。

 

私の「花写真鑑」には、「ハナワサビ」はあるが、「ワサビ」はないので、花が無く少しだけ迷うが、ここで登録とする。

 

「ワ サ ビ(山葵)」   “新種”登録 第1558号

  

 

 「大王神社」

 

 この後、仲良し三人は最後の訪問地に出掛けたのであった。

                        << つづく >>

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加