木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1647 レタスとサニーレタス

2017-07-29 08:00:00 | 我が庭の花

  先日来、友が「レタス」の花が咲いたから、写真を撮りに来ないかとの誘いを受けていたが、私が入院のために行けないでいた。 先日退院したが、静養のためブログの取材にも出ないでいたら、まだ花が咲いているからと、土をつけた状態で持ってきてくれたのであった。 

 持つべきは良き友。 ありがたいことに、ブログのネタとそして“新種”(私の花写真鑑にまだ登録のない花、以下同)2種が居ながらにして出来たのである。 

 私は今まで再々食しているにもかかわらず、「レタス」と「サニーレタス」が存在することは知りつつも、その違いはほとんど無意識の状態であったが、今回、友が両方をきちんと分けて持参してくれたので、その違いを写真で明確にすることが出来たのであった。 

 

「レ タ ス」  “新種”登録 第1542号

  形態は非常によく似るが、花はあきらかに異なることが判明した。 

 即ち、「レタス」の花は純粋な薄い黄色であり、他の色の混じりが全く見当たらないというのが、私の見立てである。 また花びらは先端が細く切れているが、この切れ込みが「サニーレタス」よりも深く、また、花びらの並びが比較的乱雑になっているように思う。 

 

 花以外では、例えば花の額、つぼみ、茎については、顕著な違いを見つけることは出来なかった。  

 

 

 

 言うまでもなく、葉を食用にするのであるから、通常はこのように茎を長く伸ばして花を咲かせることはない。 今回は花の写真を撮るために伸びたものを持ってきてくれたのであった。 

 また、私は初めて知ったが、「レタス」の葉は結球することがあり、食すると苦みがあるので、 食用として好まれるのは「サニーレタス」の方であるようだ。 なお、「サニーレタス」は「レタス」の改良版であって、園芸品種かもしれないと思っていたが、違う種らしいことも判明した。

   

サニーレタス」  “新種”登録 第1543号

  引き続き「レタス」との違いであるが、外側の花びらは略規則的に並んでおり、一枚の中の切れ込みは「レタス」ほど深くないことが大きく異なる点である。 また、写真を撮った花では、内側に立つ数個の細い花びらの先端を見ると紫がかった着色がみられる。

 この着色はこの株では、どの花も同じく内側の小花びらのみであったが、資料によれば、株によっては外側の花びらにもその先端に着色があるようである。 この点が違いの決定打と言えるかもしれない。  

 

 

 

つぼみの先端周辺が、若干赤みを帯びている。

 

 

 ここでは、花を見るために、茎を伸ばしているが、通常は葉が大きく横に広がるのであるが、「レタス」は緑色一色であるのに対し、「サニーレタス」は赤紫がかった色になることが大きい特徴であろう。 

  

 つぼみなどには、顕著な違いは見いだせなかった。 

 

   通常は「タンポポ」のように、ふんわりと半円形になるが、屋外に置いたので昨夜の雨が当たり一部が流れたようである。 

 

 

  以上、かなり決定的なことを書いたが、 私が見た2株の違いと資料からの考察であって、多くの花のサンプルから得た情報ではないことで、誤りがあるやも知れない。 誤りがあれば、率直に指摘戴き、修正していくことはやぶさかではない。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加