木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1625 久々の京都(4)円徳院

2017-05-30 08:00:00 | 京都の寺社

 納骨のために久しぶりに京都・大谷祖廟に来たので、せめて東山の雰囲気だけでも味わいたいと歩いているが、残念ながら、私の足はそれを認安易にはめない。 仕方なく近くをと考えていたら、隣りが高台寺ならば入る意味ありと入った所、その塔頭が¥300で特別(?)開場していると言う、それにここは高台寺の門前にあり、歩かなくても行けるし、更には初見であるのですんなりと入った。 

 

円徳院    北の政所ねね終焉の地

   京都市東山区高台寺下川原町530 

 

ウイキペディアによれば・・・・・

 豊臣秀吉正室北政所(高台院)が晩年の19年間に自身の本拠地としたことで知られるほか、一説にはその終焉の地ともいう。

圓徳院は、備中国足守藩主で北政所(高台院)の甥にあたる木下利房が、伏見城の北政所化粧御殿をこの地に移築して自らの邸としたことに始まる。利房の死後その菩提をとむらう寺となり、利房の院号「圓德院」をそのまま寺号として高台寺塔頭となる。

  大きな木魚。 

 

 「雪月花図襖」

 

 「宗旦狐」

 江戸時代に御所周辺に出没した古狐だそうな。

 

 

 大きな寺ではないが、足腰はかなり疲労が出てきた、庭を座ってゆっくり見るなど、休んだが、回復せず。 時間はまだ15時を過ぎたばかり、勿体ないが引き返すしかないと、駐車場のある円山公園の方に向かった。 

なお、ほんのちょっぴりではあるが、円山公園とその周辺を撮ったので、この後簡単にまとめたいと思っている。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加