木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1618 山野草展(4)きらら会

2017-05-23 08:00:00 | 花の展示会

  2017.05.21(日)、友の知らせにより、我が家から車で数分の所にある、公民館において山野草展が開かれており、やってきたのである。 山野草展は友の説によれば、愛好家が競って珍しい花、人が持たない花を育てているから、私の「花写真鑑」にまだ登録されていない花(以下“新種”という)が多いという、これに味を占めて、今年四つ目の山野草展見学となった。 

 実を言うと、2017.05.20(土)、つまり昨日になるが、四日市の文化会館にて、泗水草友会による山野草展を見ているが、ここは“新種”の数は多いが、花の名前の表示が殆ど無く、山野草はその名前を調べるのが極めて難しいことから、未だ全体像すらままならないので、前後するが、きらら会の方は花の名前が容易につかめたので、先に公開するもの。 

 

「シラネアオイ(白根葵)」 

 前回の山野草展にて見付け、“新種”登録をしているが、白花はなかったし蕾状態であったので、追加した。 

 

「カキラン (柿蘭)」

 黄色は我が家にかなり昔からあるが、この色は初めて見たので、追加とした。 

 

「ハッカクレン(八角蓮)」

 これも、前回の山野草展で登録したが、花の形が違うので、追加した。

 

「オオハンゲ(大半夏)」

 斑入りを追加登録とした。

  

 

トキソウ(朱鷺草)

 

 

ワニグチソウ (鰐口草)

 

「イワチドリ(岩千鳥)」

  手入れがよければ、こんなに美しく咲かせることが出来るのだと言う、大切な教本となる。

  

 

クロユリ(黒百合)

 

 

「ヤグルマソウ(矢車草)」

 葉を観賞するものであるから、当然ではあるが、今回初めて花を見ることが出来たのであった。 

 

 

「テイカカズラ(定家蔓)」

 こんな色もあることを知った。 当然追加登録。

 

 

「アオバナミツバ(青花三つ葉)」

  非常に細かい花であるから、 50mmマクロレンズに2倍のテレコンを装着して撮ってみたが、室内であり光量不足でシャッター速度が遅すぎてぶれる。 シンクロを付けようとしたら、バッテリーが消耗している。 せめて三脚が使えれば、長時間露出で何とかなるが、ここではエチケット違反になる。 ・・・などで、最接近マクロ撮影が出来ず、この写真となった。 トホホ・・・!。

  

 

キバナッツザクラ(黄花アッツ桜)

 

「コアジサイ(小紫陽花)」

 我が家にもあったが、 新物喰いのお陰(?)で、いつの間にか消えてしまった。

 

 

 この他に“新種“が十数点あるが、登録完了後に紹介したい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加