木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1610 山野草展(2)の”新種”

2017-05-08 08:00:00 | 花の展示会

 四日市文化会館で行われている、四日市花の会連盟主催の「花と緑の総合展」と称する、山野草展にやってきて、ここでは撮った写真の内、私の「花写真鑑」にまだ登録の無い花(以下“新種”という)を紹介したいと思う。  

 「花写真鑑」への収録数が1400種を越えてくると、大型ホームセンターの園芸コーナーに行けども、“新種”を見付けることは、極めて難しくなってきた。 ご近所の庭を覗いても、また、野原をくまなく捜しても“新種”に出会う事は殆ど無いのである。 

 先般、山野草展を訪れてみると、見る花の多くが“新種”であることに驚いたと同時に、私の狙い目であることを再発見したのであった。 そこへ、友から山野草展の情報が入り、さっそく訪れたのであった。 来てみると案の定、“新種”の山であった!。 

 

「ウズラタンポポ(鶉葉蒲公英)」  “新種”登録 第1470号 

 タンポポと言うよりは、花は「コウゾリナ」「ジシバリ」に似ている。 名前の由来はその葉にはウズラに似た模様があるからだそうな。

 

 

 

 「カンガルーポケット」   “新種”登録 第1471号

 多肉植物であるが、葉がとても珍しい。 中には水がたっぷり入っているとか。 

 

  

 「キバナウツギ(黄花空木)」    “新種”登録 第1472号

 

 「ハルサメソウ(春雨草)」   “新種”登録 第1473号

  

 「コ マ ユ ミ(小真弓)」   “新種”登録 第1474号

 

 

 「ツ リ バ ナ(吊り花)」  “新種”登録 第1475号

 葉が斑入りであることが、この植物の魅力であろうか?。 

 

 

「ニオイツツジ(匂い躑躅)」  “新種”登録 第1476号

 かすかによい香りがするらしいが、残念ながら私には全く分からない。

 

 

 「ハナシノブ (花忍)」   “新種”登録 第1477号

 

 

  「ヒメライラック (紅山査子)」   “新種”登録 第1478号

 

 

「ベニサンザシ (紅山査子)」  “新種”登録 第1479号

 質素な花が並ぶ展示会の中で、ひときわ目立つ花であった。

 

 

「ミツバシモツケ (三つ葉下野)」  “新種”登録 第1480号

「チョウジソウ」に似るが、高貴であり、おしとやかに感じる花である。 

 

    以上、今回は11種を“新種”に登録し、その合計は1480種となり、当面の目標1500種は意外にも早く到達しそうである。  原因はやはり山野草に狙いを絞っていることが、大きく寄与しているものと思われる。 よって、このあとも暫くは山野草ばかりのご登場となりそうである。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加