木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1576 厳島神社と「ヤエヤマザクラ」

2017-04-01 08:00:00 | 寺社一般

  友から“「トウインヤエヤマザクラ」と言って、私の「花写真鑑」にまだ登録されてない花(以下“新種”という)が、東員町にあるぞ“・・・とのメールをくれたので、まだ少し早いが、その下見に訪れたのである。 そして、前回の当ブログで書いた様に、一つ見付けたが、枯れているようにも見えたので、もう一本をみつけようと、やってきた。

  目印は高圧線で、その直下あたりと聞いていたが、高圧線より少し南、神社の入り口近くにその看板を見付けた。周りを車で走り駐車可能スペースを見付けて、神社の階段を上り始めた。 この神社は初めてなので、一通り写真を撮りながらヤエザクラを探した。 (撮影 2017.03.27(月))

 

  

 「厳島神社」

    三重県員弁郡東員町穴太2383 

  鎌倉・室町時代には穴太は伊勢神宮領であった。その ため農耕には欠くことのできない水の神様として「市 杵島姫命」を安芸国(広島県)の宮島の厳島神社から 分社してもらって「弁天山厳島神社」を建ててお守り してきたと伝えられている。昭和58年5月新しい神殿 と石段が完成し、毎年9月8日を弁天祭として例祭を 行っている。弁天さんはインドの女神であるが神仏混 淆の時代に日本一の神と一体になったと思われる。

 

 「ご神木」とある。 檜かも?。

 

ふつうの「カワヅザクラ」と思われる。 結局、今日は“新種”に登録する物は無いようだ。

 

 以上、階段を上がったせいで、膝が痛くざっと見たに過ぎないが、「トウインヤエヤマザクラ」を見付けることは出来なかった。 ネット上の写真でみると、林のなかのようであり、まだ、新芽の出る時期には至っていない物と考え、今日は諦めることにして、帰途についた。

 

                           << 完  >>

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加