木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1545 名古屋農業センターの”新種”

2016-11-27 08:00:00 | 公園の花

  私が作る「花写真館」にまだ無い花(以下”新種”という)が、多くあると、友が教えてくれていたので、以前から訪れる機会を探っていたが、「梅」以外では初めての訪問として、2016.11.20(日)やってきたのであった。

  11月も下旬に入ると、咲く花はめっきり減ってくるので、期待は半ばであったが、着いて温室に入るなり、次々と”新種”が眼に飛び込んできたのであった。 そして、撮り終えてみると、12種類が”新種”であり、友の言うことは正しかったのである。

   また、特筆すべきは、この“新種”の中に、園芸品種らしき花がひとつも見当たらなかったことである。 先般、赤塚植物園(農場)が経営する、レッドヒルヒーサーの森では、園芸品種のオンパレードであったことと、正反対であり、私にはとても嬉しいことであった。(当然の帰結ながら)

 

「トキワガマズミ」  ”新種”登録 第1374号

 

  

 「カイコウズ(海紅豆)」  ”新種”登録 第1375号

  変わった形の花もあるものだ!。

 

 

 「シ ロ ナ ス(白茄子)」  ”新種”登録 第1376号

 花も葉も我々が食するのと余り変わらないが・・・。

  ヨーロッパあたりでは、食べられるのは主としてこの「ナス」のようだ。 熟すと黄色になるとか。

  

 「セイヨウニンジンボク(西洋人参木)」  ”新種”登録 第1377号

 

 「センナリホオズキ(千成鬼灯、千成酸漿)」  ”新種”登録 第1378号

 

 

 「ダリア・エクセルサ」  ”新種”登録 第1379号

 帝王ダリア、木立ダリアの八重といったところであるが、皇帝ダリアは木の高さが6mにも達するが、これは2~3mぐらいにしか成らないそうだ。 れっきとした別種。

 

 

  

 「テーダマツ(テーダ松)」  ”新種”登録 第1380号

  葉は長さ200mmにもなる大きなもの。

 

  「ニトベギク(腫柄菊)」  ”新種”登録 第1381号

   花だけを見ると、菊であるが、その木は巨大になる。「帝王ヒマワリ」の別名もあり。

 

 

 「ヒマラヤスギ」  ”新種”登録 第1382号

  どこにでも昔からある「スギ」であるが、 ここで出会ったのを機会に“新種”登録したに」すぎない。

  

  

 「メリアンサス」  ”新種”登録 第1383号

  食べると害になるが、薬草であるらしい。

  

 「ローゼル」  ”新種”登録 第1384号

  花はまだ蕾の状態であったのは、少々残念であった。

 

 下の実は、昨年ご近所から頂いたものであるが、名前が分からず保留としていたが、本日ここに日の目を見ることになった。

 

「ワイルド・ロケット」  ”新種”登録 第1385号

  イタリアなどでは、食されるらしい。

 

 

 

 以上12種類の”新種”登録が完成し、その合計は1385種類となった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加