木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1310 奈良を行く(3)喜光寺

2015-03-18 08:00:00 | 奈良の寺社

  「菅原神社」の梅を目当てに来たのであるが、神社の駐車場は地石のでこの時期には止められないであろうことを考えて、すぐ近くにある「喜光寺」の門前の空き地(?)に止めさせてもらったので、ついでながら、お参りさせて頂いたもの。  (2015.03.05(木) 撮影)

 

 「喜光寺」

    法相宗  別格本山

    奈良市菅原町     拝観料 ¥500   

寺のホームページによれば・・・

天平時代に東大寺の大仏建立の勧進をされたことでも有名な行基菩薩が養老5年(721)に創建したお寺です。行基菩薩は東大寺大仏殿を建立する時、喜光寺の本堂を参考にしたと伝承され、現在も本堂は「試みの大仏殿」と呼ばれています。

約100種、200鉢の花蓮の鉢が境内を覆いつくしています。赤、白、黄色の花蓮の中に浮かぶかの様に建つ本堂と天空に広がる大屋根は、さながら阿弥陀仏の極楽浄土を映しだしたかのようです。

 

 「本堂」  (重文)

 

 「本尊:阿弥陀如来」  平安時代、木彫り、重文 高さ2.3m

 

今は広々としいるが、夏場はここに「蓮」の鉢が並べられる。

 

「行基菩薩堂」 昨年出来たもの。

 

整地され、建物も新しくなっている。下の写真で右に小さ目の裏門があったが、取り壊され鉄柵の門扉になっており無断では入れないようになった。

 

写経の場

 

この後は、以前突然訪れて工事中ではいれなかった、「大和文華館」に向かいます。 工事が終わっていることを祈りつつ・・・。

                         < 続く >

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加