木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1267 京都の紅葉・金蔵寺

2014-11-24 08:00:00 | 紅葉

  最近の行楽の計画は、体力の低下を考慮して、充分な余裕を持ちながらも、綿密に距離を測り、時間を算出している。 その結果,実績としては、若干の余裕が出来る程度であり、また、我が家の出発時刻が早くなったり、渋滞が少なかったりもあるので、必ず予備の行き先を工程の途中に作ってある。

  今回は高速に乗るまでの道が渋滞したし、大山崎JCを通過する過ちを犯したが、家を25分早く出られたので、小一時間の余裕が生まれた。 それで、ならばと予備の行き先「金蔵寺」を挟んだのであった。

 ここ「金蔵寺」は大原野でも最も奥の位置にあり、山道を登らねばならないので、最悪パスも仕方なしとする”予備”にしていた。 上って見ると思っていた通り、道は勾配がきつい上に、曲がりくねっており、その上道幅が狭く、私の車でさえも、いっぱいいっぱいなのである。

 あの厳しい「笠置寺」を上下した経験があったればこそ、勇気が出て上がることができた。 久々に緊張したひと時であったが、慎重の上にも慎重にし、対向車の来ないことを切実に祈ったおかげで、何事もなく無事工程をこなすことができた。 

 

「金蔵寺(こんぞうじ)」  浄土宗 本願寺派

     西京区大原野石作町1639  拝観料(志納)¥200 駐車無料(数台)

 

 奈良時代創建されたものですが応仁の乱により焼失、現在のお寺は江戸時代徳川綱吉の母桂昌院により再興されました。

京都盆地を一望出来、紅葉もとっても美しく普段はハイキング客が来る程度でひっそりしてますが、紅葉の頃には大勢の参拝者が訪れる穴場スポットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ”冷や汗たらたら”ながらも、何事もなく今回最大の難所を通り抜けた。 このあとは、予定通り今回のハイライトとする「善峰寺」に向かうため、一旦山を下りて、別の道を上り始めた。 (2014.11.19(水))

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加