木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1249 金剛証寺(伊勢市)

2014-10-25 08:00:00 | 寺社一般

 TVで20年に一度の御本尊の御開帳と出たので来て見たが、予想に反して、参拝者は少なかった。 何とか千家の会がここでも行われており、2~3台の観光バスやタクシーが待機していたが、今は下に示す「開山堂」に集合しているらしく、境内は閑散としていました。 

 

「金剛証寺」  勝峰山  臨済宗南禅寺派

    伊勢市朝熊町   境内自由、駐車無料 

 

「仁王門」

 昔より伊勢神宮の鬼門を守る寺として、神宮の奥之院ともいわれ「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の俗謡にも唄われ、参宮する人々は当寺に参詣するのが常でありました。 当山の草創は古く欽明天皇の頃、暁台上人によって開かれ、平安時代には弘法大師(空海)によって堂宇が建立され、密教修業の一大道場として隆盛を極めました。 (寺のホームページより抜粋)

 

「梵鐘」

  

 

「本堂」  国の重要文化財

 これより先は撮影禁止。・・・上がって見ると、格子戸の先に安置された仏が見える。これが、御開帳だ。

 「知恵寅」と「福丑」が参道の両側に鎮座。

 「明星堂」

 奥の院への門、「極楽門」

 奥の院への道すがら、何百本いや千本を超えるかと思う「卒塔婆」が・・・

 奥の院の本堂

 

 

 

この橋のさきには、「雨宝堂(重文)」がありますが橋は渡れません。

 

 「開山堂」

 

 

 金剛証寺を二見方向に出て2~3分で、朝熊(あさま)山頂広場につく。(標高555m)ここには、茶屋や足湯もあるが、人影は少ない。

  スカイライン通行料:¥1250

 

 残念ながら鳥羽湾は霞んでいた。

 

この後、二見浦に向かったが、記録は次回にします。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加