木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1118 庭の花 (26-26)

2014-07-08 08:00:00 | 我が庭の花

 ブログの”取材”に出ていないために、庭の花ばかりで、お茶を濁しています。

 

 「マルバアサガオ」   この花の「花写真館」へはここから。

随分と遅くなりましたが、これが正真正銘の「マルバアサガオ」です。7/8現在で咲いた数は9個目になります。蕾が沢山ついているので、少し暑くなれば一斉に咲くものと思ってます。

No140

 

「アサガオ」   この花の「花写真館」へはここから。

この色は数日前から咲いてますが、ほかの沢山ある花が全く咲きません。気温が低いからでしょうか?、それとも・・・?。

No150

 

「コウホネ」   この花の「花写真館」へはここから。

肥料のやりすぎで、発酵してしまい、今年はダメかと思いましたが、葉ばかりが育ち、ようやく一つだけ花を付けました。

No161

 

姓名不詳

植えた記憶はないのですが、雑草でもなさそうなので、抜かずに育てたら、小さな花が付きました。

 花の名前がわかりません。

 

「ボタンクサギ」にやってきた「クロアゲハ」

カミサンが”早くカメラ、カメラ”との声がしたので、慌てて下りたら、アゲハがやってきたのでした。 動き回るので、やたらめったらシャッター押して、1分程経過したでしょうか、20枚以上撮った中の一枚です。

 今年の我が家のベストショット候補にと、早速4Aサイズに印刷して掲げました。

No127

 

「スイレン(ミニ)」    この花の「花写真館」へはここから。

今年は「ミニスイレン」の当たり年で、毎日のように咲いてます。

No120

 

「シモツケ」    この花の「花写真館」へはここから。

No157

 

「シロタエギク」    この花の「花写真館」へはここから。

No162

 

「マンヨウ」    この花の「花写真館」へはここから。

子供の頃からあの赤い実は見てますが、花を見るのはこれが初めてでした。ちゃんと”シベ”がありました。 なお、番号が若いですが、始めに実を撮ったからです。No10

 

「オリヅルラン」   この花の「花写真館」へはここから。

気を付けてみていると、次々と花をつけていることがわかりました。新芽の出ている所が地に着いて根を出し子孫繁栄に寄与するのですが、撮影のためにちょっと上げさせてもらいました。

No158

 

「寄せ植え」

も組み合わせも配置がよろしくない寄せ植えですが、花は左の白とピンクは、ペチュニアの園芸品種で、流通名が「ペチュニアフリル」などと呼ばれています。右のピンクと紫の小さい花は「ネメシア」です。

 

庭に古くからあって、ありふれていて、そこに植えられていることすら忘れ去っていても、心を配って、細かく見ていくと新たな発見がある事を改めて知りました。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加