木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1043 木工細工 26-04 飾台(2種)

2014-03-19 08:00:00 | 木工細工

木工品の製作を頼まれた時は、失敗や思わぬアクシデントに対応するために、必ず素材は多目に購入しています。それを長い間やってると、結構余った材料が貯まることになります。また、まだ使えそうな切れっ端も捨てるのは勿体ないと思い捨てずにいました。 おかげで、わが工房にはこの残り材木、つまり”端材”が山をなしているのです。

最近は大きな家具などは作らないので、端材が増えることはありませんが、”大工”の生命が残り少なくなってきたので、生きてる内に消費しておく必要に迫られ、注文はないが、何かを作り続けております。相変わらずの”焚き物”にもならないような雑家具ですが、誰かに押し付けるつもりで、作りました。

 

 26-06  三輪車型飾台

 造作を終えた段階です。ホイールは30mm厚の床用杉板の端材を、本体はポプラの集成材を、ベース板はパイン材を使うなど、有り合わせの木切ればかりで作っています。

 

塗装前の組み立て状態です。この状態でオイルステインのウオールナットをやや薄めにして一回塗りとしました。よく乾燥後クリアー塗料を上塗りします。

 

総組み立てを行い、さらにもう一回クリアー塗装をして、完成です。

 

 

三つとも車輪もハンドルも一応回りますが、重量物は乗せられません。小さい子供のおもちゃには使えません。

 大きさは、幅230、長さ330、高さ200mmとなりました。

 

26-04b  ダンプ型飾台

前回の当ブログで紹介したものとほぼ同じ構造、寸法で作りました。例により素材は寄せ集めですが、ボデーや荷台は、9mm厚のMDF材を使いました。

 

下は塗装前の組み立て状態です。上の三輪車と同じ塗装仕様にしました。

 

前回同様、荷台は上げられますが、その状態でも飾ることができるようにするため、荷台には底がありません。

 

 

 

 このダンプカーは、前回製作直後に見たひとから、ほしいと頼まれたので、同じものを作ったものです。こんなものでも、もらってくる人がいると嬉しいものです。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加