木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

958 東海道 四日市宿 (3)富田

2013-07-03 08:00:00 | 名所旧跡

 自転車で旧東海道筋の旧跡を尋ねる第二弾の第三編はJR関西本線富田駅周辺と近鉄富田駅周辺に挟まれた地域、「富田」の辺りを紹介する。

 下の地図赤い線は旧東海道であり、丸付き数字は尋ねた場所を示し、この後に示す各記事の番号になっている。

 

① 一里塚と道標

 史跡「富田の一里塚跡」の案内板によると・・・(要約)

昔、街道の両側にー里(約4Km)毎に土を盛り上げ、「えのき」などを植えて目印にしたもが、一里塚である。すでに戦国末期に存在していたが、江戸時代の初め頃から、日本橋を中心に設けられていた。

明治以降は殆ど取り除かれてしまい、その面影を見る事が出来なくなった。写真のものは日永の一里塚と共に県の史跡に指定されている。

 

② 「八幡神社」

1279年創建されたと言うから、かなり歴史のある神社。当時は東西が16間、南北8間、面積145坪あったと伝えられている。

「八幡神社の力石」  写真左下の石

鎌倉時代に始まり、豊作の願いと村一番の力持ちの競い合いと仕事士の証としての踏ん張りの精神力、そこに集まる人々の笑いを意味していて「生きる喜びの証」であったのかも知れない。重量は100Kgくらいあるそうだ。

 

③ 「明治天皇御駐輦(ごちゅうれん)跡」

 明治元年9月20日、車駕(しゃが)にて京都を出発し東京に向われる途中、25日富田にて御少憩になり、「焼き蛤」をご賞味になられ、10月13日東京に入られた。また、その帰りにも御少憩になられた・・・とある。その後も二回ここを訪れられているらしいが、やはり「焼き蛤」の美味さは格別だかと納得!。

 

④ 「善教寺」

1460年代には存在していたので、創建はさらに先になる。本堂は昭和10年に再建されている。

下の倉には、国の重要文化財の「木造阿弥陀如来立像」と「同像内納入文書」が収められている。その像は高さ79cmの桧寄木作りで玉眼、漆箔が施されいる。制作は1241年頃と推定されている。文書は般若経などで、1238年から1872年に納入されたようである。

 

⑤ 「常夜燈」

表には「常夜燈」と、裏には「天保十巳亥年(1839)」と書かれている。

「この常夜灯の小さな灯りが、明るく感じとられて、淋しい夜の街道の旅人をどんなに勇気づけたことか、雨の夜、風の夜、絶え間なくっこの明かりを守りした人々の心意気を感じて、この灯籠を見つめてほしい(原文のまま)」

・・・・・足元さえも照らさない小さな灯りが旅人には明るい心の灯火になっていたようで、心に深く入り込む文章である。

 

⑥ 「薬師寺」  尼寺

大同年間(806~810)の頃、疫病が流行し人々は苦しんだ。この事を旅の途中の弘法大師が知り、足を止めて薬師如来を彫り祀ると、たちまち難病は平癒した。それに感謝するために堂を建て薬師如来を祀った・・・とか。

 

「東海道四日市宿」の前回終了地点「三光寺」から、この「薬師寺」までの距離は1.6Kmであったから、町屋橋南詰めのスタート地点からの自転車が走った距離は合計6.0Kmとなった。 また、三重県への東海道の入口の七里の渡しからは、累計は約9.8Kmとなる。

 

                                  << 続く >>

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加